Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

ふるさと納税 金券に自粛要請も反対意見は無知で感情的過ぎ!

先日、加熱していると言われるふるさと納税について、総務省より各自治体宛に自粛要請がありました。

オークションサイトなどで転売が横行し、それを牽制するための要請だったようですが、これには賛否両論ありますね。

ふるさと納税制度に関しては、こんなサイトを運営しているだけに、思う所は人一倍強いと感じています。

そこで、世間の人たちがふるさと納税制度について、どのように考えているのかを、この国が自治体に自粛要請を行ったという記事を掲載したYahooを参考に検証してみました。

ふるさと納税の返礼品に金券を送ることに反対の人の意見

確認方法としては、Yahooニュースのコメント欄を全てチェックし、代表的な意見を金券を配ることに対する反対意見と賛成意見にまとめました。

そしてそのコメントをチェックすることで、世間一般の人がふるさと納税制度に対してどのような感情を持っているのかを確認しました。

まず返礼品に金券を送ることに反対の人の意見はこちらです。

snnpiryouronn

<反対の人の意見>

  • 地域の特産品じゃないとおかしいでしょ
  • 早速返礼品合戦になってしまった。既にふるさと納税という気がしない
  • 転売出来そうなものはダメだろう
  • 謝礼品は地域振興に寄与するものに限定すべき
  • 結局金集めの競争にしかみえない
  • 地域の特産品などの贈呈して町おこしを・・というのならわかるけど、金券はだめでしょ

続いて賛成の人の意見はこちらです。

sannsei

<賛成の人の意見>

  • 名産品がない自治体にとっては貴重な選択肢
  • 全国で使える金券などはNGだけど、地域限定の券なら問題ない
  • そもそもネットオークションの規制をすべき
  • 金券であっても地元でしか使えないんだから問題無いと思う
  • 国が地方に「アイデアを出せ」と言っておいて、出したらこれ
  • なぜ競争がいけない?
  • 国は行く末を考えずに、何でもかんでも規制している気がする
  • 割り引きパスをもらって興味をもって訪れたことのある身としては、一定の集客効果があるなら自治体はやりたいだろうなとは思う。

どうでしょうか?

まず率直な意見として、ふるさと納税の返礼品に金券を送る事がダメだと考えている人の意見を確認すると、感情的であると感じます。

正直、感情的に気に食わないからダメだと言っているに過ぎないと思います。具体例は一切出てこないですし、ダメだからダメでしょ。という感情論に終始しています。

「金券はダメでしょ」の理由が無いわけですよね。
なぜ金券はダメなのでしょうか?

その疑問に一切答えていないわけです。

一方賛成の人の意見を見ると、実に具体的で視点が客観的であると感じます。

転売されるのがダメなのであれば、そもそもオークションの規制をすべきだ。とか、全国で使える金券などはNGだけど、地域限定の券なら問題ないのではといった意見があります。

また、国が地方にアイデアを出せと言っておいて、出したらこれ。やなぜ競争が行けない。も非常に納得できますし、腑に落ちます。

地方自治体だって競争なくして生き残っては行けないわけです。その競争を自治体だからという理由だけで免除出来る訳がありません。

ダーウィンの進化論ではありませんが、生物は常に競争を繰り返して進化してきました。進化出来ないものは生き残って行けなかったわけです。であれば、自治体だってそれは一緒だと思います。

地方自治体が頭に汗をかいて知恵を出し合っていいサービスを考えることで、よりよい社会に進化成長出来るわけで、そこに競争が無くなったら進化はありません。

競争があるということは、逆に今まで無名だった弱小な自治体だってアイデア次第では一気に知名度を上げて勝ち組になることだって可能なわけです。そんな無限の可能性を秘めているのがふるさと納税制度であると私は考えています。

ふるさと納税制度がいつまで続くか分からないという中でも、これだけの地方自治体が本気になって取り組み成功を収めています。逆に、国がふるさと納税制度は今後恒常的に行います!と言ったら、どれほどの自治体が実際に動きを始めるのでしょうか。

総務省の方に言いたいのは、期間限定の制度という中途半端なことをいうのではなく、いっそのこと恒常的な制度にして欲しいと思います。そうすることで、もっとインパクトのある制度に成長することは間違いないですね。

オススメ記事

ふるさと納税おすすめ高還元率自治体コスパランキング!

【2018年最新版】ふるさと納税でもらえる還元率の高いオススメ家電製品ランキング

【完全保存版】ふるさと納税でゴルフクラブやゴルフ用品を一覧にしてみた!

【大人気】ふるさと納税でジェラートピケをゲット!カテゴリー別にご紹介

【保存版】ふるさと納税サイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

 
 
楽天市場
楽天市場


 

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る