Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふるさと納税特産品還元率ランキング

注目キーワード

ふるさと納税ワンストップ申請書の書き方はめちゃくちゃ簡単!後回しせず今すぐやりましょう!


2015年も終わりに近づいてきましたね。

2015年1月からは寄付控除額の上限が個人住民税所得割額の約1割から約2割に拡充し、4月からはワンストップ特例制度がスタートしました。

いままでにも増して、ふるさと納税が大きくクローズアップされました。この波に乗ろうとyahooやソフトバンクグループのさとふる、楽天など大企業が次々に参入してきました。

そんなふるさと納税ですが、今年から始まったワンストップ特例制度によって初めてふるさと納税を行ったという方も多いと思います。そんなあなたのために、ワンストップ特例制度の書き方をご紹介致します。

実際に私も書いて自治体に郵送しましたが、すごく簡単でしたよ!ただ、いくつか注意点がありますので、その部分も合わせてご紹介しますね。

それではいきましょう!

Sponsored Link

ワンストップ特例制度申請書の書き方!たったこれだけ?

ふるさと納税は、納税とはついていますが、実際は、純粋な寄付になります。ただ、その寄付を後で住民税と所得税から控除しますよ!というのがふるさと納税なわけですね。

ただ寄付をしただけではもちろん控除されないので注意が必要です。ワンストップ特例制度を利用して控除を受ける場合は、寄付をした自治体から送られてくる

「 寄附金税額控除に係る申告特例申請書 」

を書いて提出する必要があります。こちらに記入し、寄附をした自治体に送ることで控除手続きを行ってくれるということです。

書き方はこちらをご参考になってください。

ワンストップ特例制度

ワンストップ特例制度申請書が届かない、又は紛失してしまった場合は、こちらからダウンロードいただけます。または、寄附をした自治体に連絡をすれば、一度は再送いただけることもあるようです。

※ 書き方は、総務省のふるさと納税ポータルサイトでもご覧いただけます。

こちらから用紙をダウンロードして印刷してご利用ください。また、年末ギリギリに寄附をした場合は、申請書の到着を待っていると申請期限に間に合わないということにもなってしまいます。

ワンストップ特例制度の申請用紙の送付期限は、1月10日ですので注意してください。

Sponsored Link

ワンストップ特例制度をする場合の注意点は何?

ワンストップ特例制度利用する場合の注意点を箇条書きにしておきますのでご確認ください。

  • 申請期限は、2016年1月10日
  • 印鑑が必要なため、FAXやメールでの手続きは不可
  • 2015年4月以降の寄附が対象
  • 同じ自治体に複数回寄附をした場合、その都度申請書を提出する必要がある
  • 確定申告する必要がないこと
  • 2015年のふるさと納税による寄附先が、5自治体以下 ※回数ではなく自治体数

こちらを参考に是非、2015年のふるさと納税ライフを満喫していきましょう!

ワンフトップ特例制度の申請書の書き方がわからない場合はメールでもご質問を受け付けています。是非お気軽にご連絡くださいね。

Sponsored Link

オススメ記事

【超最新版】還元率96%!ふるさと納税オススメ自治体ランキング2017

ふるさと納税は楽天でポイントをゲットしよう!オススメ自治体5選

ふるさと納税勝浦市のかつうら七福感謝券はいつまで使えるの?

さとふるの評判が気になる!ふるさと納税した人の感想と口コミ!

さとふるのふるさと納税コンシェルジュさとみさんが快適!ついにAIの時代か!?

都城市のふるさと納税!ブログならではの視点でオススメ特産品をご紹介!

【保存版】ふるさと納税!人気の返礼品を確実にゲットする方法

ふるさと納税還元率牛肉ランキングの原価を調べて見た!本当にコスパは良いのか?

ふるさと納税ポータサイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税でうなぎをゲット!勝手にランキングを作りましたよ!!

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
ふるとくメルマガ
サブコンテンツ
 
 
ふるさと納税ランキング ふるとくメルマガ

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る