ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

ふるさと納税の限度額早見表が一番見やすいのはどこ!?比較してみた!

ふるさと納税を始めようと思った時に、一番最初にしなければいけないのが寄附上限金額を調べるということですね。ただ、いざ調べようと思うと、これが意外と大変! 独身の方や子供がいない場合など、わかりやすいケースであればすぐに計算できますが、年金受給者本業の収入以外に副業収入がある方、不動産収入がある方など、個人の状況によって寄附金額は大きく変動します。

そこで、この記事では、ふるさと納税寄附限度額の早見表や計算シートなどを、さまざまなサイトを比較してその特徴をまとめました。

これからふるさと納税の限度額を試算しよう! と思っている方の参考になれば幸いです。それでは見てみましょう!

チェックしたサイトはこちら

参考にしたサイトは以下の3つ

老舗ふるさと納税ポータルサイトであるふるさとチョイス 。そして、見やすさ・使いやすさを売りに会員数を増やしているさとふる。最後に総務省が運営するポータルサイトです。

まずこの3つを押さえておけばほぼ問題無いでしょう。

次に、それぞれのサイトの限度額計算システムや早見表の特徴をご紹介します。

限度額の早見表は総務省のページがおすすめ!

入力の手間いらず! パッと確認したい時にはここ!

これからふるさと納税の控除限度額を計算しよう! と思っている方は、てっとり早く寄付金額を知りたいですよね。

そんなあなたにおすすめなのは、総務省が用意している限度額早見表です。PDFですが、必要な情報がまとまっていて見やすいです。総務省が用意しているというのも信頼性が高いですね。

ふるさとチョイスの限度額計算システムや早見表の特長

専門家にも相談できる!

今やふるさと納税を代表するポータルサイトに成長したふるさとチョイス。やはり見やすく工夫されていますね。

家族構成と年収を選択するたけで目安が分かる「かんたんシミュレーション」のほか、細かく入力することで、より正確な寄附限額が分かる「詳細シミュレーション」が用意されています。早見表には年金暮らしの夫婦のケースも掲載されているのも、総務省ポータルサイトとの違いです。

また、専門家に相談したい人向けに税理士法人エム・エム・アイによる無料相談(内容によっては有料になります)の案内も記載されています。細かいところに手が届くサービスですね!

見やすさは「さとふる」もおすすめ!


簡単に見たい方、詳細に見たい方のどちらにも対応!

実際に使ってみて、さとふるが一番分かりやすかったかなと感じました。さすが操作性を売りにしているポータルサイトだけはありますね。

さとふるの場合も、控除限度額を計算する方法は「簡単シミュレーション」と「詳細シミュレーション」の2パターンが用意されています。1つ目は手っ取り早く限度額を知りたい人向け。2つ目は正確な控除限度額を知りたい人向けです。

限度額を知りたい! と言っても、どこまで知りたいのか寄附者のニーズはさまざまです。今すぐでも寄附をしたいから早く限度額を知りたい寄附者と、正確に限度額を知って寄附をしたいという寄附者のそれぞれの要求を見事に満たしていますね。

まとめ

まとめますと、さくっと早見表で限度額を確認したい方は、総務省のPDFの一覧。ある程度ざっくりの数字で簡単に入力するタイプがいい方はさとふる。そして、給与収入以外に不動産収入や副業収入などがある方は、ふるさとチョイスがおすすめです。

オススメ記事

【厳選9種】ふるさと納税サイトの超人気返礼品の還元率ランキング2018

【還元率50%】ふるさと納税でもらえる商品券の還元率ランキング

還元率64%!ふるさと納税 家電ランキングベスト30


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る