ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

ふるさと納税の達人金森重樹の年収はいくら!?ふるさと納税だけで生活しているって本当?

ふるさと納税ブームに乗り、突如として各メディアで目にする機会が増えたふるさと納税の達人、金森重樹さん。

なんとこの方、1年間の食べ物をふるさと納税のみで生活しているんだとか。
家族4人が1年間生活できるだけの食べ物がもらえるくらい、ふるさと納税で多額の寄付をしているってすごいですよね。

果たして年収はいくらなのでしょうか!?
ふるさと納税の達人、金森重樹さんの年収やどのような方なのかをまとめていきます。

ちなみに、金森さんがテレビでオススメしていたお礼の品のをまとめた記事はこちらです。ぜひ参考にしてみてください。

金森重樹さんの年収はいくら!?

ズバリ、あなたが一番気になるであろう年収ですが、2015年はおよそ3億7,000万円とのことです。実際に、プレジデント社の記事には、「毎年所得税・住民税を1億〜2億円以上払っている」ということが書かれています。

この記事も非常に興味深く面白いですね。この記事中では、金森氏が運営している情報サイト『通販大家さん』の会員数はおよそ3.5万人で、年収1,500万円〜3,000万円の会員が一番多いと書かれています。この富裕層を相手に、収益性の高い不動産を紹介し手数料収益を得ているようです。これが金森氏の事業の一つの柱でしょう。

金森氏はそれ以外にも、著者としての顔も持ち合わせています。自身で執筆した著書以外にも、海外の名著の監修なども数多く行っています。
また、歯科医院を3件ほど運営したり、建設会社を経営したりして稼いでいるようです。かなり手広くやっているんですね。

金森重樹さんってどんな人!?プロフィールをご紹介

■ 金森重樹のプロフィール

1970年生まれ(2018年時点で48歳)
東京大学法学部卒業
株式会社金森実業 代表取締役
その他複数事業を展開

著書の中には、自身で執筆されたものだけではなく、海外の名著を翻訳監修したものも含まれています。

金森氏が借金地獄から這い上がったストーリー

著書の中でも書かれていますが、若い頃に商品取引で騙され5,000万円の借金を作ります。そして、遅延延滞金などがかさみ、最終的な借金額は1億2,000万円まで膨らみます。

自己破産できず、職場や奥さんの実家まで借金の取り立てがあるなど、ドラマのような経験をします。

しかしその後、債権者から紹介された不動産屋に就職し、不動産の知識をつけ独立。独立後は行政書士業を行う傍ら、離婚や相続など不動産の処分が発生する案件を積極的に対応し、初月から100万円の利益を叩き出します。平均年収が300万円と言われる業界において圧倒的な実績が注目され、マーケティング界では知らない人はいないくらいの有名な方です。

金森さんは日本の最難関大学である東京大学を卒業されています。東京大学を卒業するような方が、なぜ不動産などの泥臭い仕事をしているのか? という理由が、若い頃に作った借金だったのですね。今では無事借金も返済し終わり、複数の企業を所有し、年収はなんと3億7,000万円と言われています。

2014年時点で、ふるさと納税を340万円以上されているという情報もあります。ふるさと納税の還元率が仮に半分だとすると、食費が年間170万円ということですから、1月あたり約14万円ですね。食費14万円分あれば、食費をふるさと納税のお礼の品だけで賄うことは可能でしょうね。

不動産投資業だけでなく、最近ですと太陽光発電への投資やバイオ発電、ふるさと納税関連への露出など、精力的に活動の幅を広げているイメージがあります。

確か、金森さんがふるさと納税を始めて行う時に、現在ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」を運営している株式会社トラストバンクの須永珠代社長を自宅に読んで一気に数百万単位で寄付をしたということをニュース記事で読みました。その頃は、まだふるさと納税が今ほど注目されておらず、ふるさとチョイスが立ち上がって間もない頃の話だったかと思います。

その時点で、ふるさと納税にいち早く注目し、自身の年収の多さを利用することでふるさと納税の達人というブランディングに成功し、各種メディアへの出演ならびに著書の刊行など、さすがとしか言えない戦略の上手さがあります。

まとめ

ふるさと納税の達人といったら、金森さんというくらいイメージが定着していますよね。

頭が切れ、行動力が高い。この点においては金森さんずば抜けています。これだけ稼がれている方でも、常に成長進化することを忘れない姿勢は素晴らしく、私たちが見習わないといけない部分です。ふるさと納税に限らず、今後も注目すべき起業家の1人だと思いました。

オススメ記事

ふるさと納税おすすめ高還元率自治体コスパランキング!

【2018年最新版】ふるさと納税でもらえる還元率の高いオススメ家電製品ランキング

【完全保存版】ふるさと納税でゴルフクラブやゴルフ用品を一覧にしてみた!

【大人気】ふるさと納税でジェラートピケをゲット!カテゴリー別にご紹介

【保存版】ふるさと納税サイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る