ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

「ふるさとチョイス」の評判や口コミは?使い方やメリットを徹底解説

ふる太くん
ふるさとチョイスは、特産品はもちろんのこと、旅行券や各自治体で使えるポイントなども受付しているよ。毎年おせちの返礼品が充実してるとこもおすすめ!

ふるさとチョイスは、ふるさと納税サイトの中でも特に人気が高く利用者の多いサイトです。

ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄付をすると、寄付金額のうち2,000円を超えた金額分が税金から控除され、さらに地方の特産品などを返礼品としてもらうことができるというお得な制度。多くの人が、ふるさとチョイスなどのふるさと納税サイト(ふるさと納税ポータルサイト)を利用して寄付の申し込みをしています。

では、その中でもふるさとチョイスの利用者が多いのはなぜなのでしょうか。この記事では、ふるさとチョイスを徹底的に調査し、実際に使ってみた感想やメリット・デメリットなどを詳しくご紹介していきます。

目次

【結論】実際に「ふるさとチョイス」を使ってみた感想

結論から言いますと、ふるさと納税をするなら「ふるさとチョイス」が断然オススメです。その理由はいくつかありますが、一番は使いやすいことです!23万点以上の返礼品の中から選べ、1,500以上の自治体へサイトから直接申し込みができます。

他のサイトであれば、直接申し込みできる自治体数は限られています(大体100~200自治体)ので、よりお得な自治体を見つけようにも限界があります。
その点、ふるさとチョイスは1,500以上の自治体が掲載されており、そのうちの9割以上の自治体がクレジットカードで申し込みできます。

この便利さはなにものにも代えがたいですね。より詳しいふるさとチョイスの利点については、こちらでご説明しています。

【期間限定】今だけ増量!ニコニコエール品でお得にふるさと納税

新型コロナウイルスの影響で外食産業の需要が落ち込んでいますが、生産者支援を目的とした「ニコニコエール品」の提供が開始されました。特別に通常の量よりも多い量で受付しています。還元率100%越えの返礼品はゴロゴロ!10/21(水)までの期間限定ですので、お申込みはお早めに。

ふるさとチョイス

「ふるさとチョイス」は返礼品数・自治体数でNo.1サイト

ふるさとチョイスは、申し込み可能自治体数1,500以上でナンバーワン、そして返礼品掲載数も23万点以上でナンバーワン。他にも、累計寄付金額や選べる使い道数などでナンバーワンを獲得しているふるさと納税サイトです。

数千円と手軽なものから100万円以上の高額品まで扱っており、返礼品のジャンルも多岐に渡ります。また、自治体と連携して災害支援などに積極的に取り組んでおり、利用者からの支持を集めています。

こんな人に「ふるさとチョイス」をおすすめしたい

① たくさんの返礼品の中から選びたい人

ふるさとチョイスには、合計23万点以上の返礼品が掲載されています。他の全ふるさと納税サイトの返礼品数を調査した結果、ふるさとチョイスがふるさと納税サイトの中で最多。さらに、掲載している自治体数も1,500以上と最多です。

ふるさとチョイスは、返礼品をできるだけたくさんのラインナップの中から選びたいという人におすすめのふるさと納税サイトです。

② 安心してふるさと納税の寄付をしたい人

Webサイトだけでなくカタログを用意して電話やFAXといった方法での寄付を申し込みを受け付けているほか、東京・有楽町に「ふるさとチョイスCafe」という名前の実店舗を構え、ふるさと納税の寄付申し込みを受け付けています。

また、ふるさとチョイスでは新型コロナウイルスや各地で起こった災害に対する応援サポートに積極的に取り組んでおり、その活動が社会的に認められていることからも、安心して利用できるサイトとして認知されています。

③ 初めてふるさと納税の寄付をする人

ふるさとチョイスでは、ふるさと納税の基本情報や寄付上限額のシミュレーション、ワンストップ特例制度の仕組み、申し込み方法などが丁寧に紹介されています。

ふるさと納税の仕組みはそれほど難しいものではありませんが、申し込み前にいくつかの点を確認しておく必要があり、手続きを誤ると損をしてしまうことがあるため、情報を正しく把握しておく必要があります。ふるさとチョイスではその点についてわかりやすく解説されているので、今年初めてふるさと納税の申し込みをするという人は、一度ふるさとチョイスでチェックしてみることをおすすめします。

ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」について

ふるさとチョイスは、ふるさと納税サイト(ふるさと納税ポータルサイト)の一つです。ふるさと納税でもらえる返礼品についての情報が掲載されており、画面上から実際に寄付を申し込むことができるようになっています。

ふるさとチョイス

「ふるさとチョイス」の掲載自治体数・返礼品数は?

ふるさとチョイスには、全国1,500以上の自治体の情報が掲載されています。また、合わせて23万点以上の返礼品の情報が紹介されており、その数は、ふるさと納税サイトの中で最多です。

他のふるさと納税サイトには掲載されていない自治体や返礼品の情報が多数紹介されており、ふるさとチョイス限定情報も数多く掲載されています。

「ふるさとチョイス」の運営会社は?

ふるさとチョイスは、株式会社トラストバンクが運営しています。
同社では、ふるさとチョイスや関連サイト、ふるさとチョイスCafeなどの運営を行っています。また、自治体や生産者向けのふるさと納税セミナーなども開催しています。

「ふるさとチョイス」の特徴とは?

ふるさとチョイスにはどのような情報が掲載されているのでしょうか。また、他のふるさと納税サイトとどこが異なるのでしょうか。ふるさとチョイスの特徴や、他のふるさと納税サイトとの比較情報をご紹介します。

ふるさとチョイス

① 掲載されている返礼品情報が最も多い

ふるさとチョイスは、ふるさと納税サイトの中でも、自治体情報や返礼品情報の掲載数が最も多いふるさと納税サイトです。ふるさとチョイスの発表によると、2020年9月現在、下記4つの項目で全国1位になっています。

・累計寄付金額
・返礼品掲載数
・申し込み可能自治体数
・選べる使い道数

取り扱っている返礼品数が他のふるさと納税サイトと比較すると格段に多く、ふるさとチョイス限定の返礼品も多数掲載されています。

② 会員登録する/しないを選択できる

ふるさとチョイスには会員登録制度があり、会員には次のようなメリットがあります。

1.返礼品や自治体のお気に入り登録が使える
2.自分の寄付申し込み履歴を確認できる
3.住所などが自動入力される
4.ふるさとチョイスからの返礼品情報などを受け取れる

ふるさと納税の申し込みの際には、住所など入力しなければならない項目が多くあるため、その情報が自動入力されるのは大きなメリットといえるでしょう。ただし、会員登録を希望しない場合は、登録せずに寄付の申し込みをすることも可能です。

③ 寄付先や返礼品を選びやすい

ふるさとチョイスでは、様々な視点から寄付先の自治体や返礼品を選べるようになっています。たとえば、以下のような絞り込みや検索方法が提供されています。

・寄付金額で選ぶ
・自治体で選ぶ
・返礼品で選ぶ
・ランキングで選ぶ
・寄付金の使い道で選ぶ
・災害支援を選ぶ
・ふるさとチョイスのおすすめから選ぶ

自分が欲しい返礼品が決まっている場合も、決まっていない場合も、色々な項目で返礼品を絞り込んでいくと希望に合ったものが見つけやすくなります。

【必読】「ふるさとチョイス」を使うメリット

他のふるさと納税サイトと比較して、ふるさとチョイスが多くの人に利用されているのはなぜなのでしょうか。ふるさとチョイスを利用するメリットをご紹介します。

① たくさんの返礼品の中から選べる

ふるさとチョイスには、他のふるさと納税サイトよりも多くの返礼品の中から選べるというメリットがあります。

ふるさとチョイスは、掲載されている返礼品数No.1のふるさと納税サイトです。23万点以上の中から好きなものを選ぶことができ、返礼品のジャンルも多岐に渡るため、希望に合った返礼品が見つかりやすいというのが多くの人に支持されている理由です。

② 様々なキャンペーンを実施している

ふるさとチョイスでは、時期によって様々な期間限定キャンペーンを実施しています。

たとえば2020年9月現在では、寄付上限額のシミュレーションや寄付申し込みをした人の中から抽選で地域の特産品が当たるキャンペーンや、地域を応援するキャンペーンなどが実施されており、該当する場合はとてもお得に寄付ができるというメリットがあります。

ふるさとチョイスのキャンペーンは、自治体を応援する内容で展開されているのが特徴です。

【必読】「ふるさとチョイス」を使うデメリット

ふるさとチョイスはメリットの大きい人気のサイトですが、デメリットもあります。

① ポイント還元制度がない

一部ふるさと納税サイトには、寄付金額に応じてポイントが付与されたり、Amazonギフト券がもらえたりする制度がありますが、ふるさとチョイスにはそのような制度がありません。

ただし、上述の通り期間限定のキャンペーンを複数実施していますので、利用するとお得に寄付することができます。

「ふるさとチョイス」の使い方や会員登録方法は?

では、実際にふるさとチョイスを使ってふるさと納税の寄付をするにはどのような手続きをすれば良いのでしょうか。会員登録や寄付の申し込みについてご紹介していきます。

「ふるさとチョイス」を使うには会員登録しなきゃいけないの?

ふるさとチョイスには会員制度がありますが、会員登録をしなくても利用は可能です。

ただし、会員登録をすると色々なメリットを享受することができます。筆者が特に大きなメリットと感じているのは、ログインすれば住所等の必要情報が自動入力される点。複数回寄付をする予定があるなら、会員登録をしておくと便利です。

「ふるさとチョイス」の会員登録手順について

ふるさとチョイスへの会員登録は、次のような手順で行います。

1.「会員登録ページへ」ボタンをクリックする。

ふるさとチョイスの評判はどう? 4年間使った感想と使い方を徹底解説

2.会員登録画面で必要事項を入力後、「仮登録メールを送る」をクリックする。

ふるさとチョイスの評判はどう? 4年間使った感想と使い方を徹底解説
入力したメールアドレスに仮登録メールが届くので、URLをクリックして完了です。

「ふるさとチョイス」の寄付申し込み方法

ふるさとチョイスでの寄付申し込みは、次のような手順で行います。

1.自分の寄付上限額を調べる

ふるさとチョイスの評判はどう? 4年間使った感想と使い方を徹底解説

2.ふるさとチョイスで欲しい返礼品を選ぶ

ふるさとチョイスの評判はどう? 4年間使った感想と使い方を徹底解説

3.欲しい返礼品の「寄附へ進む」をクリックする

ふるさとチョイスの評判はどう? 4年間使った感想と使い方を徹底解説

4.「この自治体への申し込みへ進む」をクリックし、画面の指示にしたがって進む

ふるさとチョイスの評判はどう? 4年間使った感想と使い方を徹底解説

 

ふるさと納税は、自治体に寄付をすると、寄付合計金額のうち2,000円を超えた金額が税金から控除される仕組みです。ただし、これが控除額には上限があり、その上限金額は年収等によって決まっています。上限を超えた分は控除されませんので、寄付をする前に必ず自分の寄付上限額を確認しておきましょう。

ふるさとチョイスでは、年収等の情報を入力すると自分のおおよその寄付上限額がわかるシミュレーションを用意しています。

【編集部おすすめ】「ふるさとチョイス」のおすすめ返礼品

ふるさとチョイスで紹介されている返礼品の中から、特におすすめのものをご紹介します。ふるさとチョイスに掲載されている23万点の返礼品の中で、総合ランキング1位から3位を獲得している人気返礼品です。(2020年9月現在)

天然鮭いくら醤油漬け

天然鮭いくら醤油漬けふるさとチョイス

ふるさと納税の全ての返礼品の中で最も人気が高いのは、天然鮭のいくら醤油漬けです。

皮がプチっと弾けてとろっと濃厚なとても美味しく、白いご飯にたっぷり乗せていくら丼にしたという声が多く寄せられている返礼品です。100gずつ6パックにわけて冷凍されているので、少人数家庭にも大人数家庭にもおすすめです。

寄付金額 10,000円
自治体 北海道寿都町
内容・量 天然鮭いくら醤油漬け 100g×6パック

淡路牛の切り落とし

淡路牛の切り落としふるさとチョイス

淡路島で飼育されている淡路牛のお得な切り落としです。

300gずつ真空パックになって、合計900g届きます。焼いたり煮込んだりするととても美味しく、小さいサイズになっていて使い勝手が良いため、常備しておくと便利なお肉です。

コスパが良いので、食べ盛りのお子さんのいる家庭にも人気の高い返礼品です。

寄付金額 8,000円
自治体 兵庫県洲本市
内容・量 淡路牛の切り落とし 300g×3パック

鹿児島県産うなぎ長蒲焼

鹿児島県産うなぎ長蒲焼ふるさとチョイス

高級な国産うなぎが2尾入っている返礼品です。

大崎町で稚魚から育てたふっくら大きめのうなぎを、オリジナルのたれに4回つけて蒲焼きにしたもの。家庭で簡単に温めて食べられます。国産うなぎはとても高いので、自己負担額2,000円でもらえるのはとてもお得なのではないでしょうか。

年間を通して申し込みの多い返礼品です。ぜひ一度味わってみてください。

寄付金額 10,000円
自治体 鹿児島県大崎町
内容・量 鹿児島県産うなぎ長蒲焼 2尾

実際に「ふるさとチョイス」を使った人の口コミ・レビュー

ここまででご紹介したように、ふるさとチョイスがにはメリットがたくさんあります。

しかし、申し込みをする前に「実際の使い勝手はどうなのか」「返礼品の質はどうなのか」など利用者の声を知りたいという人も多いでしょう。そこで、これまでふるさとチョイスを実際に利用したことがある人に、ふるさとチョイスを選んだ理由や利用した感想などを聞いてみました。

実際に利用した人の生の声なので、ぜひ参考にしてみてください。

なぜ「ふるさとチョイス」を使用したの?

ふるさとチョイスを実際に利用した人に、なぜ他のふるさと納税サイトではなくふるさとチョイスを選んだのかを聞いてみました。

<回答>
・掲載されている返礼品数が多いから。
・ふるさとチョイス限定品があるから。
・欲しいものを検索したらふるさとチョイスにヒットすることが多いから。
・いつもふるさとチョイスを使っているから。

実際に「ふるさとチョイス」を使用した感想は?

次に、ふるさとチョイスを利用した人に、利用した感想を聞いてみました。

<回答>
・ふるさと納税の仕組みや寄付の仕方について詳しく書かれていた。
・寄付上限額のシミュレーションが便利。
・掲載されている返礼品数が多いので、欲しいものが見つかった。
・自分のこれまでの寄付履歴が表示されているので、今年何回寄付したかを確認できるのが良い。
・返礼品のスペックや説明が詳しく書かれていないものがあった。
・利用者の返礼品レビューが少なく、星評価がないのが残念。

「ふるさとチョイス」の返礼品の感想を教えて

そして最後に、ふるさとチョイスで申し込んで受け取った返礼品についての感想をご紹介します。

<回答>
・普段食べているものより高級なものが届いてとても美味しかった。
・お米の定期便は、精米したてのものが産地から毎月宅配便で届くので、美味しくてとても便利。2年連続で同じものをリピートしている。
・おいしい食べ方や解凍方法の説明があったので、失敗なく調理できた。
・いつも使っているブランドの製品なので、問題なし。

「ふるさとチョイス」のまとめ

この記事では、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」について、基本情報から利用者の口コミまで様々な情報をご紹介しました。

ふるさとチョイスは、毎年ふるさと納税を行っているというベテランユーザーはもちろんのこと、今年始めて寄付をするという初心者にも使いやすいふるさと納税サイト。寄付をするにあたっての注意事項や寄付の方法なども詳しく解説されています。

ふるさと納税で寄付をするにあたって、何を選んだら良いのか、どの自治体に寄付をしたら良いのかを迷ったら、まずはふるさとチョイスでチェックしてみることをおすすめします。

「ふるさとチョイス」に関するよくある質問

ふるさとチョイスとさとふるの違いは?

一番の違いは、返礼品数や掲載自治体数の違いです。大体の返礼品は、ふるさとチョイスで探すと見つかるはずです。また、支払い方法のamazonpayを選択できるのは、ふるさとチョイスだけです。

ふるさとチョイスは安全なサイト?

ふるさとチョイスは、累計寄付額ナンバーワンのふるさと納税サイトです。これまで多くの人が利用してきていることからも、安全性は保証されているといえるでしょう。

ふるさとチョイスで寄付申込時に利用できるキャンペーンコードはある?

現在、ふるさとチョイスで寄付時に利用できるキャンペーンコードはありません。

ふるさとチョイスのポイント制とは?

ふるさとチョイスのポイント制度は、一般的なポイント還元制度と異なります。

欲しい返礼品が決まっていない場合に、まずは自治体に寄付だけ行い、その分のポイントを獲得しておいて後日そのポイントを使って返礼品の申し込みをする、というのが、ふるさとチョイスのポイント制度です。

【その他】ふるさと納税を行う前に3点をチェック!

「寄付する自治体も決まったし、お礼の品も選んだし、さっそくふるさと納税を申し込むぞ!」と思った方。ちょっとお待ちください!自治体に申し込みをする前に次の3点を確認しておきましょう。

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの?

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、お得にふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円までの寄付であれば自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。共働きでない年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「ふるさとチョイス 還付・控除限度額計算シミュレーション」や「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】翌年控除を受けるためには、今年の12月31日までに寄付しましょう

ふるさと納税は年度末までに申し込めばいいの?

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、翌年(2021年)の所得税・住民税の還付・控除を受けるためには今年(2020年)の12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

申し込みも済んだし、返礼品ももらったし、これで終わりでしょ?

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄付時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

おすすめ記事

【1万5千円で20kgも!】ふるさと納税お米の最強お得ランキング2020

【最新版】還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング

【家電976点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

【2020年最新】ふるさと納税でうなぎ!おすすめランキングベスト15

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る