ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

【2019年最新】ふるさと納税おすすめ返礼品90選!人気の品を完全網羅

ふるさと納税の返礼品の数は、20万以上あります。
この20万以上ある返礼品の中で、お得な返礼品を探すのは困難ですよね。

ふるとくでは、大手ポータルサイトの返礼品から「量」や「寄付金額」でお得な返礼品、ランキング上位にランクインしている返礼品など「おすすめの返礼品90選」を一覧でまとめました。

季節限定の旬の返礼品など、その時期だけしかもらう事のできない返礼品や、寄付金額が10,000円未満のおすすめ返礼品などもありますので、ぜひ参考にしてお得にふるさと納税してください。

目次

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、自分の生まれ育ったふるさとや応援したいと思う自治体に寄付できる制度です。

自治体に寄付をすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられ、自治体からお礼の品(返礼品)をもらう事ができます。自己負担額2,000円で各自治体の特産品がもらえるので、とてもお得な制度ですよね。

2019年ふるさと納税最新状況

寄付額
総務省から、2018年度のふるさと納税寄付金額は、約5,127億円(前年度比約1.4倍)と発表されました。年々ふるさと納税の認知度も高くなっていますが、返礼品に対する規制も厳しくなっています。

総務省規制前の2018年は、還元率100%以上の返礼品やダイソン、iRobotなどの家電、Apple製品など、お得で人気の返礼品が多数受付されていましたが、総務省の規制が入った現在では、還元率3割以下の返礼品が主となりました。

また、家電製品や金券、ギフト券、宝飾品などの換金性の高い返礼品はなくすよう総務省から自治体へ要請されているので、今後さらにお得な返礼品がなくなってしまうかもしれませんね。

ふるさと納税おすすめ返礼品の探し方!

総務省の規制が入った現在でも、まだ還元率3割以上の返礼品は多数存在します。お得な返礼品を探したいけど、自分ではなかなか見つけられませんよね?

ふるとくでは、「ふるさとチョイス」「さとふる」「ふるなび」などの大手ポータルサイトから、還元率の高い返礼品や量が多い返礼品を徹底的に調査し、おすすめの返礼品90選をピックアップしました!ふるとくを見れば今現在人気の返礼品が分かりますよ。

【量で選ぶ】ふるさと納税お得なおすすめ返礼品

ふるさと納税の三種の神器(人気返礼品)と言えば、「米」「牛肉」「カニ」です。この三種の返礼品の中からお得な返礼品を選ぶ基準は、ずばり「」です。ふるとくでは寄付金額に対して量が多い返礼品を厳選してご紹介します。

お得な「お米」おすすめ返礼品(1kgあたり寄付単価が安い順)

米

お米の返礼品は、ふるさと納税の中でも1、2位を争うくらい人気の返礼品です。今一番お得なお米は、1kgあたり寄付単価700円のお米です。例えば20kgのお米なら、寄付金額14,000円となります。

この記事には載せきれなかった、お得なお米の返礼品情報を別記事にまとめました。是非チェックしてください。

お得な「牛肉」おすすめ返礼品(1kgあたり寄付単価が安い順)

米

牛肉の返礼品は、ブランド牛や部位など様々です。大量に届いても、冷凍しておけば長期で美味しいお肉を食べることができます。今一番おすすめの返礼品は、1kgあたり寄付単価6,250円の牛肉です。例えば1.6kgの牛肉なら、寄付金額10,000円となります。

今回ご紹介した牛肉の返礼品以外にも、おすすめの牛肉返礼品はあります。以下記事に詳細まとめています。気になった方はチェックしてください。

お得な「カニ」おすすめ返礼品(1kgあたり寄付単価が安い順)

米

カニは冬しか食べられない!と思う方多いかもしれませんが、実は一年中食べられる返礼品です。今一番お得な返礼品は、1kgあたり寄付単価5,000円のカニです。例えば2kgのカニなら、寄付金額10,000円となります。

こちらの記事では、カニの部位や種類別に返礼品情報をまとめています。カニ選びで迷ったらご覧ください。

【編集部厳選】ふるさと納税季節のおすすめ返礼品

その時期にしか食べられない旬の食べ物は、美味しいですよね。ふるさと納税の返礼品の中にも、その時期でしか取り扱っていない返礼品が沢山あります。そこで、編集部が選ぶ「季節の返礼品」をご紹介します。

1~3月おすすめの返礼品

年が明けた1~3月は、さくらんぼやメロン、マンゴー等の夏に収穫される果物の申込の予約が開始される時期です。

1~3月おすすめの返礼品

4~6月おすすめの返礼品

4~6月は、秋頃に収穫し発送される『新米』の申込受付が開始されます。多くの人気ブランド米などは、この時期に受付することが多いです。

1~3月おすすめの返礼品

7~9月おすすめの返礼品

夏真っ盛りの7~9月は、夏が旬で終わってしまう果物や野菜の最終申し込みをしています。メロンやぶどう、とうもろこしなどがおすすめです。

10~12月おすすめの返礼品

秋から冬にかけての10~12月は、牡蠣や芋類、りんごやみかんなどの返礼品がおすすめです。ただし、駆け込み寄付が多くなる年末にかけては、返礼品の売切れが続出する可能性も!

人気ポータルサイトおすすめ返礼品(2019年9月13日更新)

大手ポータルサイト「ふるさとチョイス」「さとふる」「ふるなび」「楽天ふるさと納税」「ふるさとプレミアム」から、ランキング1位のおすすめ返礼品をご紹介します。うなぎやビールなど、各ポータルサイトで特集が組まれている人気返礼品ジャンルをピックアップしました。

おすすめ「うなぎ」の返礼品

鹿児島産のうなぎが人気のようですね。もっと比較してから選びたい方は、こちらのうなぎランキングをチェックしてください。

おすすめ「ビール」の返礼品

大手ビールメーカーの出荷量のシェア率の通り、アサヒビールが人気のようですね。キリン、サントリー、サッポロ派の方から、ご当地ビールをお探しの方は、ビールの返礼品情報をまとめたこちらの記事をご覧ください。

おすすめ「果物」の返礼品

いろいろなフルーツを楽しみたい方は「くだもの定期便」がおすすめです。他の果物(フルーツ)返礼品から選びたい方はこちらの記事をチェックしてください。

おすすめ「野菜」の返礼品

おすすめ「スイーツ」の返礼品

上の表には入っていませんが、実はふるさと納税ではミシュラン1つ星レストランのオリジナルジェラートがもらえます。気になった方はこちたのアイスの記事をご覧ください。

おすすめ「魚介類」の返礼品

うなぎ強し!5サイト中4サイトがうなぎでした。こちらの記事ではカニ、いくら、干物などバリエーション豊富におすすめ魚介返礼品の情報をまとめています。

おすすめ「加工品(ハム、ソーセージなど)」の返礼品

ふるとくでは、人気のハンバーグだけをまとめた記事をご用意しています。是非ご覧ください。

おすすめ「家電」の返礼品

ポータルサイト返礼品名寄付金額自治体
ふるさとチョイス取り扱いなし
さとふる取り扱いなし
ふるなび全自動コーヒーメーカー(CM-D457B)80,000円新潟県燕市
楽天ふるさと納税取り扱いなし
ふるさとプレミアムマウスコンピューター コンパクト11.6型ノートPC「m-Book C100E2N-S64-IIYAMA」120,000円長野県飯山市

家電を取り扱っているポータルサイトも限られているため少なく感じますが、実は寄付金額30,000円以下の割とお手頃な家電もたくさん存在しています。家電の返礼品情報を網羅した記事を作りました。是非チェックしてください。一見の価値ありです。

おすすめ「商品券・ギフト券・金券」の返礼品

2019年6月以前は、Amazonギフト券やJCBギフト券なんかもありました。新制度移行後は、旅行券や宿泊券が人気です。旅行券はもちろん、まだ残っている商品券、ギフト券をまとめた記事はこちらです。

寄付金額10,000円未満のおすすめ返礼品

寄付上限金額まであと数千円分だけ残っているなんてことはありませんか?そんなあなたのために「寄付金額10,000円未満で寄付できる返礼品」を集めました。寄付金額別に各ポータルサイトで最も人気の返礼品を掲載しています。

寄付金額:7,000円のおすすめ返礼品

寄付金額:6,000円のおすすめ返礼品

寄付金額:5,000円のおすすめ返礼品

寄付金額:4,000円のおすすめ返礼品

寄付金額:3,000円のおすすめ返礼品

【2018年度】寄付金額順 おすすめ自治体

2018年、換金率の高い金券で莫大な寄付を募った上位4自治体「大阪府泉佐野市」「静岡県小山町」「和歌山県高野町」「佐賀県みやき町」は、2019年6月の新制度からふるさと納税対象外自治体に指定されてしまいました。

今おすすめする自治体は、いくらやカニなど、これからの季節美味しい海産物を多く受付している「北海道森町」です。

順位自治体寄付金額主な返礼品
大阪府泉佐野市 ※対象外497億円牛肉、ビール、旅行券
静岡県小山町 ※対象外250億円ギフト券、食事券
和歌山県高野町 ※対象外196億円旅行券、ギフト券
佐賀県みやき町 ※対象外168億円ギフト券、牛肉
宮崎県都農町96億円主な返礼品
宮崎県都城市95億円うなぎ、豚肉
大阪府熊取町76億円家電、ギフト券
茨城県境町60億円米、牛肉、お茶
北海道森町59億円いくら、ほたて、カニ
佐賀県上峰町53億円牛肉、いちご、家具

残念ながら寄付額上位4自治体が除外されてしまいました。が、お得な返礼品をもらえる自治体はまだまだたくさんあります。こちらの記事では最新のお得な返礼品がもらえる自治体をご紹介しています。

知りたい!おすすめのポータルサイトは?

大手ポータルサイトと言われているのが、下記5つのポータルサイトです。各サイトの特徴をまとめましたので、参考にしてください。一番のおすすめは、返礼品の到着が早く、決済方法も豊富な『さとふる』です。返礼品数も比較的多いので、選択の幅が広がりますよね。

サイト名特徴
さとふる最短1週間で返礼品が届き、決済方法が豊富
ふるさとプレミアムAmazonギフト券コードが寄付金額に対して3%もらえる。
ふるさとチョイス取扱い返礼品数22万以上、自治体数1795とポータルサイトNo.1
楽天ふるさと納税すると楽天ポイントもたまる。最大15倍も。
ふるなび家電返礼品316と他ポータルの中で圧倒的数。Amazonギフト券コードが寄付金額に対して3%もらえる。

大手ポータル以外にも今やふるさと納税のポータルサイトの数も20を超えています。どこよりも詳しく全20ポータルサイトの「おすすめ度」やキャンペーン情報をまとめました。是非こちらの記事をチェックしてください。


ふるさと納税を行う前に3点を確認

「寄付する自治体も決まったし、お礼の品も選んだし、さっそくふるさと納税を申し込もう!」と思った方。ちょっとお待ちください!
自治体に申し込みをする前に次の3点を確認しておきましょう。

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、ふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円まで寄付が可能で、自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「ふるさとチョイス 還付・控除限度額計算シミュレーション」や「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】ふるさと納税の申込期限は12月31日まで

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、1月1日~12月31日の間に寄付した金額から所得税・住民税が還付・控除されますので、税金控除を考えている方は毎年12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2020年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄附時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2019年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。お得な返礼品を探すのは一苦労ですよね。

ふるとくでは、大手ポータルサイトのおすすめ返礼品を分かりやすく、見やすくご紹介していますので、上手に活用してお得にふるさと納税してみてくださいね。

また、ふるさと納税のやり方をもっと詳しく知りたい!という方は、下記ふるさと納税マンガをご覧ください。

【マンガ】1分でわかる!お得な「ふるさと納税」

オススメ記事

【1万4千円で20kgも!】ふるさと納税お米の最強お得ランキング2019

還元率〇〇%も!ふるさと納税還元率ランキング

【2019年完全版】ふるさと納税サイト徹底比較!最もおすすめはこれ!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る