ふるさと納税特産品還元率ランキング

  • TOP
  • 還元率
  • 口コミ
  • 基礎知識
  • 政策
  • 特産品
  • 限度額

ふるさと納税とは何かを分かりやすく解説

Pocket
LINEで送る

ふるさと納税という言葉は知っていても、実際の所よく分からない・・という方もまだまだ多いのではないでしょうか。

そんなあなたの為に、まずはふるさと納税とは何なのか?をできるだけ噛み砕いて分かりやすく解説したいと思います。

これからふるさと納税を始めたい!という方も、まずは制度の概要を理解してからスタートするといいですね。

Sponsored Link

1. ふるさと納税は寄付である!

ふるさと納税は納税という名前がついていますが、実際は寄付になります。

あなたが自治体へ寄付をした場合、自治体はそのお礼の品として地元の特産品をお礼として送っていただけることが多いです。

そして、確定申告等の手続きをすることで、ふるさと納税をした金額から2,000円を引いた分が全額控除(一定の基準あり)されます。

こちらの記事「 ふるさと納税の3つの意義!そもそも何のためのに作られた制度なの? 」でもご紹介していますが、ふるさと納税は自分の意思で納税先を選択出来るという理念で設立された為、納税という言葉が使われていますが、実際は寄付になりますね。

2. ふるさと納税は2,000円で出来るお取り寄せギフト

一定の寄付控除上限金額はあるものの、2,000円を引いた寄付金額が全額控除される為、ふるさと納税の達人と言われている金森重樹さんは、「 2,000円で出来るお取り寄せギフト 」であると表現しています。

実際、ふるさと納税をする際、お礼の品から選ぶ事が多いですし、多くの自治体がお礼の品を集めたカタログを作成して配布していることを考えたら、金森さんがいう2,000円で出来るふるさと納税という表現もあながち間違っていないなと思います。

こうやって言うと、ふるさと納税否定派からは、「 本来の趣旨とは外れているので制度を廃止すべきだ! 」という声が聞こえて来そうですね。

否定派の方の意見も分からなくもないですが、返礼品ありきで寄付先を選ぶことのメリットもあると私は考えています。

Sponsored Link

3. 返礼品で寄付先を選ぶことのメリット

3-1. 無名な特産品を全国の人にPR出来る


返礼品を目的にふるさと納税をすることのメリットとして、無名な特産品を全国にPR出来るということがあると思います。

地方には、まだ全国的に知られていない素晴らしい品々が沢山あります。それらを知ってもらう良い機会になると思います。

通常、特定の商品を全国の人にPRをしていこうと思うと、莫大な広告費がかかります。

しかし、ふるさと納税を利用することで、そのコストを大幅に圧縮することが可能となり、それまで品質はいいものの無名な為ぱっとしなかった地方の名産品に注目が集まり、地域が活性化するというメリットがあると思います。

3-2. 寄付の習慣化


次に、ふるさと納税をすることで、寄付をする習慣が出来ると思います。

よくアメリカは寄付大国で、日本には寄付をするという文化はあまりありませんでした。

しかし、ふるさと納税を通じて、自治体にお金を寄付するという行為を行う中で、自然と寄付者の関心は、寄付が何に使われたんだろうか・・という方向にシフトしてきています。

この意識変革により、それまで返礼品ありきだったふるさと納税が、純粋な寄付をする方向に徐々にではありますが、シフトしてきているように感じます。

今では、返礼品なしで、使いみちに共感して自治体に寄付をするというクラウドファンディング形式の寄付を募っている自治体も出てきています。

今後日本でもこの形式での寄付案件が増加することが予想されます。それもこれも、ふるさと納税で自治体に寄付をする。という習慣が多くの寄付者に浸透してきた結果だと思います。

3-3. 地方自治体と寄付者を繋げるきっかけとなる


そして、地方自治体と寄付者を繋げる役目もあります。

ふるさと納税が無ければまず知り合うことや意識することがなかったであろう自治体を知ることが出来たのも、ふるさと納税がきっかけでした。

また、地方にこんなに美味しい特産品があったなんて・・という良い驚きも、やはりふるさと納税が無ければ一生知ることはなかったと思います。

そういった意味で、自治体と寄付者を繋げる役目がふるさと納税にはあると思います。

一度でも縁が出来れば、その自治体に興味を持ちますし、特産品をもらうだけではなく、次は購入してみよう!とか行ってみよう!ということにもなるでしょう。

これら3点が特産品ありきでもふるさと納税を推奨する理由です。

ふるさと納税とは何かのまとめ

ふるさと納税は寄付になります。また、2,000円を超えた金額が全額控除されて、地方の特産品が貰えるため、見方によっては2,000円で貰えるお取り寄せグルメということも出来ます。

ご存知の通り、ふるさと納税には賛否両論あります。否定派からすると、特産品ありきでふるさと納税をすることは趣旨に反しているという見方もあるとは思いますが、一方で、特産品を全国の人にPRできる効果的なツールになったり、寄付の習慣化ができたり、寄付者と自治体を繋げる効果もあります。

このことから、ある側面だけをみてふるさと納税を否定する必要もないと思います。

ふるさと納税は、国も推進している地方創生の切り札の一つになることは間違いないですね。

オススメ記事

都城市のふるさと納税!ブログならではの視点でオススメ特産品をご紹介!

【保存版】ふるさと納税!人気の返礼品を確実にゲットする方法

ふるさと納税還元率牛肉ランキングの原価を調べて見た!本当にコスパは良いのか?

ふるさと納税ポータサイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税でうなぎをゲット!勝手にランキングを作りましたよ!!

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

ふるさと納税 さとふる

このページの先頭へ