ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

ふるさと納税、寄付先に悩む方へ。おすすめ返礼品や自治体を一挙解説!

ふるさと納税を始めたい方必見!ふるさと納税のおすすめポイントとは?楽天ふるさと納税をはじめとした寄付手続きができる「ポータルサイト」の種類や特徴を解説。家電や日用品などの人気の返礼品、人気の自治体も紹介します。

メリットは何?ふるさと納税のおすすめポイント

ふるさと納税とは、全国どこでも任意の自治体に寄付ができる制度のことです。通常の寄付とは異なり、寄付をする人にとって以下のメリットがあります。

ふるさと納税のおすすめポイント1:節税・節約できる

寄付額のうち2,000円を越える部分が、確定申告をした年の所得税や、翌年度分の住民税から控除されるため、実質的には「戻ってくる」ことになります。ただし、控除対象となるふるさと納税額には、収入や家族構成に応じて一定の上限が設けられています。

また、寄付した自治体からは「返礼品」がもらえます。そのほとんどが2,000円以上相当の商品であるため、控除されない2,000円についても「お得な買い物をした」と考えることができます。

ふるさと納税のおすすめポイント2:地域の特産品がもらえる

返礼品は、地域で生産された農・畜・海産物日用品電化製品のほか、宿泊券やレジャーチケットなど、さまざまな種類の中から寄付金額に応じて選ぶことができます。

ふるさと納税のおすすめポイント3:地域支援ができる

出身地や、旅行がきっかけで好きになった町など、今住んでいる地域とは別の地域を応援したい場合は、ふるさと納税として寄付するとその自治体の増収につながり、支援することができます。

自治体によっては、寄付金の使い道を指定できる場合もあります。

ふるさと納税をやってみる!おすすめのサイトはどこ?

ふるさと納税は、以下の手順で行うことができます。

1,寄付する額を決める
2,寄付する自治体を決める
3,希望する返礼品を選ぶ
4,寄付手続きを行う

一連の手続きは、「ふるさと納税ポータルサイト」と呼ばれるウェブサイト上で簡単に行うことができます。詳しくは、以下の記事で解説しています。

ふるさと納税のポータルサイトとは

各自治体と提携し、寄付手続きを代行するウェブサイトのことです。自治体や返礼品名から検索したり、寄付金額から該当する返礼品を検索したりと、さまざまな選び方ができるようになっています。

寄付額を決める際に知っておきたい「税金が控除となる寄付額の上限」も、サイト上でシミュレーションできます。

あなた(寄付者様)の給与収入必須

あなたの家族構成必須

シミュレーション結果


までのふるさと納税が控除の目安となります。

  • 本フォームは総務省ポータルサイトの早見表に基づき設計しております。総務省ポータルサイトの早見表はこちら
  • シミュレーション結果はあくまで寄付上限額の目安となります。
    より正確な金額を知りたい場合はお住まいの自治体もしくは税理士等にご相談ください。
  • シミュレーション結果に関する、何らかのトラブルや損失、損害等が発生した場合にも、一切の保証をいたしかねます。




ポータルサイトはいくつかあり、それぞれに特徴があります。始めてふるさと納税を行う場合は、以下のようなサイトがおすすめです。

ふるさと納税ポータルサイトその1:ふるさとチョイス

ふるさとチョイストップ

掲載自治体数は1600超、返礼品は37万点以上と、どちらもふるさと納税ポータルサイトの中で最多(2021年7月現在)であり、豊富な選択肢から選ぶことができます。返礼品では、特に食料品が充実しています。




ふるさと納税ポータルサイトその2:楽天ふるさと納税

楽天市場が提供するふるさと納税ポータルサイトで、楽天市場での買い物と同じ手順でふるさと納税ができます。寄付に楽天ポイントを利用でき、寄付金額に応じて楽天ポイントも付与されます。また、楽天会員でなくても利用可能です。






ふるさと納税ポータルサイトその3:ふるさとプレミアム

スッキリして見やすく使いやすいポータルサイトで、ある程度絞られた選択肢の中からじっくり選びたい人に適しています。日用品や家電、体験チケットや医療サービスなど、食料品以外の特徴的な返礼品も充実しています。




ふるさと納税でもらえる返礼品、おすすめ商品は?

「ふるさと納税の返礼品」といえば食料品が思い浮かぶかもしれませんが、家電や日用品なども人気があります。また、還元率(寄付金額に対する返礼品の金額の割合)の高い返礼品もおすすめです。

家電のおすすめ返礼品:紫外線LED空気清浄機~KOROSUKEmini~

大阪府門真市の返礼品で、5万円の寄付が対象です。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い空気清浄機のニーズが高まったことから、人気の高い返礼品となっています。

日用品のおすすめ返礼品:洗える羽毛肌掛けふとん(シングル)【甲州羽毛ふとん】

織物産業が盛んな山梨県富士吉田市の返礼品で、3万円以上の寄付が対象です。「肌掛けふとん」とは薄手の羽毛ふとんのことで、一年中使える便利さが人気の理由です。


寄付額から返礼品を選んでみたい方はこちら▼

還元率の高い返礼品:【6週間熟成】ロースステーキ 計1kg ドライエイジング

大手ふるさと納税サイト16サイトの返礼品(2021年9月1日時点)を比較した結果、還元率第1位に輝いたのは、6週間の熟成で旨味が凝縮されたステーキ。福岡県久留米市の返礼品で、還元率はなんと160%です。

高還元率!おいしい肉返礼品まとめはこちら▼

ふるさと納税、おすすめの人気自治体は?

大阪府泉佐野市は、ふるさと納税の寄付金額が2017年~2019年にかけて3年連続日本一。2019年6月にふるさと納税制度から除外されましたが、2020年6月に復活しています。

人気の秘密は、魅力的な返礼品のラインナップ。吸水性や肌触りの良さで名高い泉州タオルのほか、泉州の土壌でしか育たないといわれる「水なす」等の農産物、大阪府有数の水揚げ量を誇る泉佐野漁港であがった魚介類など、地域ならではの特産品が豊富に用意されています。

まとめ

ふるさと納税は寄付することで地域を応援しながら節約ができ、返礼品ももらえるおトクな制度。「ふるさと納税ポータルサイト」を利用すれば、簡単に手続きができます。
使いやすいポータルサイトを選んで、ぜひふるさと納税を始めてみてくださいね。

サブコンテンツ

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る