ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

注目キーワード

【保存版】ふるさと納税の流れ・やり方を分かりやすく解説!

ふるさと納税の寄付をしたことがありますか?

寄付金額に応じて、地方の特産品など様々な返礼品を受け取ることができるふるさと納税。寄付した金額分は所得税や住民税から控除され、さらに返礼品をもらうことができるというとてもお得な制度なので、毎年利用している方も多くいます。

今回は、ふるさと納税の寄付をしたことがないという方を対象に、ふるさと納税の流れややり方をご紹介します。

ふるさと納税はどうやってやるの?

ふるさと納税の寄付は、①選ぶ ②寄付する ③届く ④手続きの簡単4ステップで行えます。

寄付をする自治体を簡単に選ぶ仕組みがすでにでき上がっており、使いやすいWEBサイトも複数あるので、インターネット通販で買い物をするのと同じように簡単に寄付をすることができます。

所得税や住民税の控除を受けるためには返礼品が届いた後で手続きが必要ですが、その手続きもとても簡単にできる仕組みになっています。

① 選ぶ

ふるさと納税で寄付できる金額に上限はありませんが、所得税や住民税の控除を受けられる上限金額は、所得によって決まっているので、まずは自分の控除上限額を確認しましょう。

自分の控除上限額がわからないという方は、総務省のWEBサイトやふるさと納税サイトなどの控除上限額早見表やシミュレーションツールなどを利用すると便利です。こちらのページでまとめてご紹介していますので、使いやすいものでご確認ください。

次に、どの自治体にいくら寄付するかを選びます。選び方は、大きく下記2つあります。

(1) 自治体から選ぶ方法

【保存版】ふるさと納税の流れ・やり方を分かりやすく解説!23

寄付をしたい自治体が決まっている場合は、その自治体が提供している返礼品のなかから寄付額に合わせて選びます。

(2) 欲しい返礼品から選ぶ方法

【保存版】ふるさと納税の流れ・やり方を分かりやすく解説!3

欲しい返礼品から選ぶ場合は、返礼品で検索をして、欲しい返礼品が見つかったらそのなかから条件の合うものを選びます。

② 寄付する

ふるさと納税の寄付は、インターネット通販と同じような方法で行うことができます。返礼品を選んだら、必要事項を登録して決済の手続きをします。決済方法はふるさと納税サイトや自治体によって異なりますが、クレジットカード決済や郵便振替、キャリア別決済などがあります。

寄付をする際には、そのお金を自治体でどのような事業に使ってほしいかを指定することができます。事業の内容は、歴史的・文化的な資産の保護に関する事業や、子どもに関する事業など自治体によって異なり、寄付の申し込みの際に選択できるようになっています。

寄付の申し込み画面にはワンストップ特例制度の利用の有無を選ぶチェックボックスがありますので、利用する場合はチェックを入れて申し込みましょう。

ワンストップ特例制度

③ 届く

申し込んだ返礼品は、宅配便などで届きます。

申し込んでから届くまでの期間は自治体や返礼品の内容によって異なりますが、1週間から1ヶ月程度というものも多いです。なお、新米やフルーツなど季節物の返礼品を申し込んでいる場合は、その時期になると届きます。返礼品と一緒または別送で「寄附金受領証明書」やワンストップ特例の申請に使う「寄附金税控除に係る申告特例申請書」などが届くので、紛失しないよう保管しておきましょう。

なお、プレゼントやお歳暮などとしてふるさと納税を利用する場合は、現地から贈り先に直接発送してもらうことも可能です。

④ 手続き

ふるさと納税で寄付をすると、住民税や所得税からその額を控除することができますが、控除を受ける場合は手続きが必要です。

ワンストップ特例制度を利用する場合は、「寄附金税控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して自治体に送ります。なお、「寄附金税控除に係る申告特例申請書」が届かない場合や紛失してしまった場合は、インタネット上でダウンロードすることもできます。

確定申告の場合は、翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告書類を提出します。

まとめ

ふるさと納税の流れについて解説しました。ふるさと納税の寄付の手続きは、インターネットを利用すればとても簡単です。ふるさと納税をしてみたいけれど難しそうだと敬遠していた方も、今年こそ、お得で楽しいふるさと納税をしてみませんか?

ふるさと納税サイトは色々あるので、自分が使いやすいサイトを探してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る