ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

山梨県忍野村のふるさと納税のご紹介

還元率遷移バナー

全国には約1800の市町村があり、ほとんどの自治体がふるさと納税でお礼の品を提供しています。各自治体にクローズアップし、自治体の特徴や、ふるさと納税で提供している特産品、使い道などを紹介します。

山梨県忍野村のご紹介

山梨県の東南部、富士山の麓にある忍野村は、北東部に都留市、北西部に富士吉田市、南部に山中湖村があり、西桂町と富士河口湖町、山中湖村、鳴沢村、道志村と共に南都留郡となっています。南部に標高3,776mの富士山、東部に標高1,413mの石割山などの山々に囲まれています。人口は9,559人、東京から東名高速道路の利用で約2時間15分、名古屋から東名高速道路と中央自動車道の利用で約4時間20分となっています。

山中湖から流れ出ている桂川と、その支流部に新名庄川があり、忍野八海に見られるよう、水質が良く、水量、水温共に安定している湧水が豊富となっています。さらに富士を配した素晴らしい景観と大陸性の爽やかな気候、動植物の豊かな生態など名峰富士と密接な関係にあり、自然の魅力が溢れています。

世界遺産富士山の構成資産一部として認定されており、厳かで神秘的な湧水池の「忍野八海」や、新名庄川沿いのソメイヨシノなど、富士山を背景に季節ごとの花が見事に咲き誇る姿が美しい見所があります。また標高936mの高原にあるため、夏季の高原野菜が格別の美味しさとなっています。「キュウリ」や「なす」、「トマト」は勿論、「トウモロコシ」の美味しさも日本一だと自信を持っています。四方を山に囲まれているため海はないですが、清流に育まれた川魚も格別の美味しさです。ニジマスの塩焼きだけでなく、珍しいニジマスの刺身やコイの洗いを食べることができます。

山梨県忍野村がおすすめする人気の特産品・返礼品

続いて、忍野村が提供しているふるさと納税のお礼の品の中からおすすめをご紹介します。

富士山蒼天の水 500ml×96本(4ケース) 寄付金額12,000円

天然バナジウムがたっぷり入った富士山麓の天然水がもらえます。

富士山麓に降った雨や雪が地中に染み込み、幾層もの溶岩に長い年月をかけて濾過され磨かれたバナジウム天然水は、クセのない飲みやすいお水です。常備用としてお家にストックしておくのがおすすめです。

内容量:
500ml×96本

卵 たまご 旨味 30個  寄付金額5,000円

富士山の麓で育った忍野のたまごが30個もらえます。

卵かけご飯にしたり、卵焼きや目玉焼きなどの卵料理にしても美味しく召し上がれます。ぜひ新鮮な卵をご賞味ください。

卵 たまご 旨味 30個

内容量:
30個入り

旅行 クーポン券 3,000円分 寄付金額10,000円

忍野村の宿泊を伴う旅行に利用できるクーポンです。

寄付金額1万円で3,000円分の旅行クーポンがもらえます。ご家族皆様で山梨県忍野村に旅行に行きませんか?

あかずきんちゃん 1,000ml×3本 朝もぎ完熟トマトジュース

内容量:
旅行クーポン【3,000円分】

ふるさと応援寄付金の使い道について

寄付金の使途を以下からお選びください。
①自然環境保全事業について
②教育支援事業について
③まちづくり支援事業について
④その他村長にお任せ

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る