ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

「ANAふるさと納税」の特徴や評判は?メリットなどを徹底解説!

ふる太くん
ANAのマイルを貯めている方におすすめ!返礼品数は多くないけど、こだわり抜かれた返礼品は魅力的なものばかりだよ!

ふるさと納税サイト「ANAのふるさと納税」をご存知ですか?

ふるさと納税は、自治体に寄付をすると、寄付金額のうち2,000円を超えた金額が税金から控除され、さらに各地の特産品などの返礼品がもらえる寄付の仕組みです。

ふるさと納税の受付をしている「ふるさと納税サイト」は複数ありますが、今回はその中でも特に旅行好きの人やANAのマイルを日頃から貯めている「陸マイラー」に人気の高い「ANAのふるさと納税」をご紹介します。

目次

【結論】実際に「ANAのふるさと納税」を使ってみた感想

結論から言いますと、寄付金額に応じてANAのマイルがもらえる「ANAのふるさと納税」は、ANAのマイルを貯めている人や旅行好きの人におすすめのふるさと納税サイトです。

「ANAのふるさと納税」で寄付をすると、100円の寄付につき1マイルが付与されるので、ふるさと納税でまとまった金額を寄付する人は特にマイルを貯めやすいというメリットがあります。旅行のために日頃からマイルを貯めている人や旅行の予定がある人は、ぜひ「ANAのふるさと納税」をご活用ください。

こんな人に「ANAのふるさと納税」をおすすめしたい

「ANAのふるさと納税」は、どのようなふるさと納税サイトなのでしょうか。まずは、「ANAのふるさと納税」がどのような人におすすめなのか、数あるふるさと納税サイトの中から特に「ANAのふるさと納税」サイトが合っている人をご紹介します。

①ANAのマイルを貯めたい人にはおすすめ!

「ANAのふるさと納税」で寄付をすると、寄付金額100円につき1マイルが付与されます。

ANAのマイルは、ANAや提携会社の国内線や国際線搭乗やホテル宿泊をはじめとするANAのサービスを利用した時や、ANAカードでの支払いをした時などに貯めることができます。貯まったマイルは特典航空券や座席のアップグレード、レンタカーなどのサービスに使えるほか、提携会社のポイントと交換することも可能です(※交換先のポイントプログラムによって、交換に必要なマイルが決まっています)。

出張や旅行でANAをよく利用するという人はもちろん、日頃からマイルを貯めている人や、目的のためにもう少し貯めたいという人などには「ANAのふるさと納税」がおすすめです。ANAカードでふるさと納税の寄付をすると、さらに効率よくマイルを貯めることができます。

②ANAのふるさと納税の特集ページは見ているだけで楽しい

「ANAのふるさと納税」には、数多くの特集ページが用意されています。

特集ページには、ANAのCAが選ぶ返礼品や、高級レストランのシェフが紹介する美味しい食材、各方面のプロがセレクトした品など、定番品から自分ではなかなか見つけられない逸品まで多ジャンルの返礼品が様々な視点から詳しく紹介されています。内容が充実しているので、返礼品選びで迷った時や、いつもとは違うものを選びたい時などにおすすめです。今すぐ寄付はしないという人にとっても、見ているだけで楽しいページ構成になっています。

③寄付金額の1%分マイルの価値はあなた次第

ANAのマイルは、利用方法によってその価値が異なります。

たとえばANAの通販サイトA-styleでは1マイル=1円として換算されますが、特典航空券やアップグレードで利用する場合はさらに価値が高くなることもあります。換算率で選ぶか、特典内容で選ぶか、自身の目的に合わせて決められるのも「ANAのふるさと納税」のメリットです。

なお、ANAのマイルは他社のポイントプログラムから交換することもできます。「ANAのふるさと納税」よりさらにポイント還元率の高いふるさと納税サイトがあれば、そちらで寄付をして、取得したポイントをマイルに交換するという方法もあります。還元率で選ぶなら、どの方法が最もお得になるか比較してみると良いでしょう。

ふるさと納税サイト「ANAのふるさと納税」について

ANAふるさと納税

「ANAのふるさと納税」は、ふるさと納税の返礼品を選んで寄付の申し込みができるサイトです。

一般的なふるさと納税サイトと同様に、お肉や海産物、お米、果物などのグルメ品のほか、日用品やファッションなど幅広いジャンルの返礼品を掲載しています。また、ANAを利用した旅行クーポンなど「ANAのふるさと納税」ならではの返礼品も用意されています。

「ANAのふるさと納税」の返礼品数は?

「ANAのふるさと納税」では、52,804の返礼品を取り扱っています。

中でも人気があるのは、高級ブランド肉や海鮮類、「シャインマスカット」や「あまおう」といった高級フルーツで、寄付金額も幅広く設定されています。さらに、ANAを利用した旅行プランやANAの航空券予約時に使えるクーポンなど、旅行者に人気の返礼品が用意されているのが「ANAのふるさと納税」の特徴です。

「ANAのふるさと納税」の運営会社は?

「ANAのふるさと納税」は、全日本商事株式会社が運営しています。

全日空商事株式会社は全日本空輸などANAホールディングスの一端を担う総合商社で、航空機の運行に必要な資材の調達や広告代理店業、オンラインショッピングサイトの運営、国内空港にあるショップ「ANA FESTA」や国際空港の「ANA DUTY FREE SHOP」などの運営、カタログギフト「ANA’s フレッシュセレクション」の企画、食品の輸出入、航空機の関連機材調達、半導体事業など様々なビジネスを展開している企業です。

「ANAのふるさと納税」は、これらの事業のノウハウを生かして運営されているふるさと納税サイトです。

「ANAのふるさと納税」の特徴とは?

「ANAのふるさと納税」の特徴は、大きく3点あります。

– 寄付金額100円につき1マイル付与される
– ANAの飛行機を利用した旅行プランなど独自の返礼品が用意されている
– こだわりの返礼品を数多く掲載している

ANAのマイルを貯めやすく、航空券と宿泊がセットになった旅行プランの返礼品などもあるため、ANAの飛行機をよく利用する人やマイルを貯めている人向けのサイトというイメージが強い「ANAのふるさと納税」。しかし実際には、お肉や魚介類、お米などの返礼品もたくさん扱っており、どなたにもメリットがあるおすすめのふるさと納税サイトです。

【必読】「ANAのふるさと納税」を使うメリット

「ANAのふるさと納税」にはメリットがたくさんあります。ここでは、その中でも特に多くの人がメリットと感じている事柄を2つご紹介します。

① 「ANAのふるさと納税」寄付金額100円につき1マイル貯まる

「ANAのふるさと納税」を利用して寄付をすると、寄付金額100円につき1マイル貯まります。

ふるさと納税では万単位の金額の寄付をすることも多いため、1万円の寄付なら100マイル、5万円の寄付なら400マイル、10万円の寄付なら1,000マイルと効率よく獲得することができるでしょう。さらに、ANAカードで寄付をするとANAカードの特典として寄付金額100円に0.5マイルから2マイル貯めることもできるというメリットがあります。

貯めたマイルは、特典航空券や座席のアップグレードに使えるほか、ANAのショップ等で1ポイント=1円換算で支払いに利用したり、他の様々なポイントプログラムに交換したりと好きな方法で使うことができます。

② 「ANAのふるさと納税」は、丁寧でわかりやすい「特集」が魅力

「ANAのふるさと納税」のサイトを開くと、トップページに「おすすめ特集」があります。

プロが選ぶ返礼品、ANAのCAが選ぶおすすめ品、自治体一押しの返礼品、そして果物や野菜などジャンル別の特集などが組まれており、返礼品に関する情報やおすすめのポイントなどがわかりやすくまとめられています。欲しいものが決まっている人は特集ページを読めばより良い返礼品を見つけることができ、また欲しい返礼品が決まっていない人もここを読めばきっと欲しいものが見つかるでしょう。

読み物としても楽しめるように構成されています。

【必読】「ANAふるさと納税」を使うデメリット

ここまでご紹介してきたように、「ANAふるさと納税」には魅力がたくさんありますが、デメリットもあります。

① 「ANAのふるさと納税」は掲載自治体数が少ない

「ANAのふるさと納税」には、52,804の返礼品が掲載されています。大手ふるさと納税サイトと比較するとその数は決して多いとはいえず、できるだけ多くの中から選びたいという人には不向きなサイトと考えられるかもしれません。

ただし、魅力的な返礼品を厳選しており、わかりやすく紹介しているため、自分の好みに合ったものを見つけやすいという利点もあります。返礼品数は多くなくとも情報は充実しているので、ぜひ一度チェックしてみてください。

② 「ANAのふるさと納税」は決済方法が少ない

「ANAのふるさと納税」では、クレジットカード決済での寄付のみ受け付けており、銀行振込など他の決済方法には対応していません。他の決済方法を希望する場合は、残念ながら「ANAのふるさと納税」で寄付をすることができません。

「ANAのふるさと納税」の使い方や会員登録方法は?

では、実際に「ANAのふるさと納税」を利用するにはどのように手続きすれば良いのでしょうか。ここからは、「ANAのふるさと納税」の使い方を解説していきます。

「ANAのふるさと納税」を使うには会員登録しなきゃいけないの?

「ANAのふるさと納税」は、会員登録をしていない人も寄付できる仕組みになっています。しかし、会員登録には次のようなメリットがあるため、事前の登録が推奨されています。

<会員登録のメリット>
(1)寄付金額に応じてANAのマイルを獲得できる
(2)一度情報を登録しておけば、次回以降の寄付の際にその情報が使われるため簡単に寄付ができる。
(3)マイページでこれまでの寄付の履歴等を確認できる
(4)問い合わせフォームから質問することができる
(5)寄付控除額のシュミレーション(詳細版)が使える

せっかく「ANAのふるさと納税」を利用するなら、会員登録をしてANAのマイルを獲得したいところ。また、自分の寄付の履歴サイト上で確認できると後でとても便利に感じることも多いため、会員登録をしてから寄付の申し込みをするのがおすすめです。

「ANAのふるさと納税」の会員登録手順について

「ANAのふるさと納税」の会員登録は、以下の方法で行えます。事前にANAマイレージクラブのお客様番号を用意してから手続きをしましょう。

1.ページ右上「ログイン」のボタンを押す

「ANAのふるさと納税」を徹底解説!
2.「ANAマイレージクラブ(AMC)会員の方はこちら」の「AMC会員ログイン」を開く

「ANAのふるさと納税」を徹底解説!2
3.お客様番号(ANAマイレージカードに印字されている10桁の数字)、ANAマイレージクラブのパスワードを入力し、「サイトへGO!」のボタンを押す

ANAのふるさと納税」を徹底解説!3
4.お客様情報として氏名や住所などが表示されたら確認し、このまま登録して良ければ「この情報をコピーして入力」を押す
5.利用規約と個人情報の取り扱いについての記載を確認し、問題なければ「同意して次へ進む」を押す
6.登録内容を確認し、「登録する」ボタンを押す

以上の手続きにより、会員登録が完了します。

「ANAのふるさと納税」の寄付申し込み方法

ANAのふるさと納税での寄付申し込みは、次のような手順で行います。

1.自分の寄付上限額を調べる

ANAのふるさと納税

2.ANAのふるさと納税で欲しい返礼品を選ぶ

ANAのふるさと納税

3.欲しい返礼品の「申し込む」をクリックし、画面の指示にしたがって進む

ANAのふるさと納税

 

ふるさと納税は、自治体に寄付をすると、寄付合計金額のうち2,000円を超えた金額が税金から控除される仕組みです。ただし、これが控除額には上限があり、その上限金額は年収等によって決まっています。上限を超えた分は控除されませんので、寄付をする前に必ず自分の寄付上限額を確認しておきましょう。

ANAのふるさと納税では、年収等の情報を入力すると自分のおおよその寄付上限額がわかるシミュレーションを用意しています。

マイページ機能が誕生!

「ANAのふるさと納税」にはマイページの機能があります。マイページでは、次のようなことができます。

<マイページでできること>
(1)これまでの寄付の履歴等を確認できる
(2)気になっている自治体や返礼品を「お気に入り」に登録できる
(3)寄付控除額のシュミレーション(詳細版)が使える

マイページがあると、自分のこれまでの利用履歴が記録されるため、後で見返したい時などにとても便利です。ふるさと納税は1年かけて行うため、自分がどの自治体に寄付をしたのかを忘れてしまったり、残りの寄付限度額がいくらなのかが分からなくなったりすることがあります。マイページ会員情報がまとまっていればすぐに確認できるので、ぜひご活用ください。

「ANAのふるさと納税」のまとめ

この記事では、「ANAのふるさと納税」について解説しました。

ふるさと納税には、自己負担額2,000円で欲しい返礼品を手に入れることができるという利点がありますが、ふるさと納税サイトによっては上手に活用するとさらに多くのメリットを享受することができるため、どのふるさと納税サイトが良いのか毎回迷うという人も多いでしょう。

「ANAのふるさと納税」は、寄付をするだけでANAのマイルが貯まっていくお得なふるさと納税サイトです。ANAの飛行機を利用した旅行プラン(往復の飛行機と宿泊のセット)や、旅先で使える宿泊クーポンなど旅関連の返礼品のほか、美味しいお肉や魚介類、お米、果物などもたくさん掲載されているので、旅行に行く人も、行かない人も、ぜひ一度チェックしてみてください。

「ANAのふるさと納税」に関するよくある質問

ANAのふるさと納税で寄付申込時に利用できるキャンペーンコードはある?

現在、ANAのふるさと納税で寄付時に利用できるキャンペーンコードはありません。

ANAふるさと納税で実施しているキャンペーンは?

現在、ANAのふるさと納税で実施されているキャンペーンはありません。お得なキャンペーンが開始された際には、こちらでご紹介します。

【その他】ふるさと納税を行う前に3点をチェック!

「寄付する自治体も決まったし、お礼の品も選んだし、さっそくふるさと納税を申し込むぞ!」と思った方。ちょっとお待ちください!自治体に申し込みをする前に次の3点を確認しておきましょう。

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの?

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、お得にふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円までの寄付であれば自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。共働きでない年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「ふるさとチョイス 還付・控除限度額計算シミュレーション」や「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】翌年控除を受けるためには、今年の12月31日までに寄付しましょう

ふるさと納税は年度末までに申し込めばいいの?

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、翌年(2021年)の所得税・住民税の還付・控除を受けるためには今年(2020年)の12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

申し込みも済んだし、返礼品ももらったし、これで終わりでしょ?

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄付時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

おすすめ記事

【1万5千円で20kgも!】ふるさと納税お米の最強お得ランキング2020

【最新版】還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング

【家電976点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

【2020年最新】ふるさと納税でうなぎ!おすすめランキングベスト15

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る