ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

ふるさと納税の仕組みや手続の流れを解説!

ふるさと納税を始めてみたいけど、何からやればいいのか分からない・・というあなたのために、ふるさと納税の概要と手続の流れを5つのステップで解説します。

ふるさと納税とは何か?

ふるさと納税とは、本来自分が居住している自治体に納めている税金の一部を、出身地などの故郷や、応援したい自治体に寄付できる制度のことです。


多くの自治体では寄付のお礼として、米や肉など地域の特産品を送っています。また、寄付後、手続きをすると所得税の還付や住民税の控除を受けられ、実質2,000円でふるさと納税を行うことができます。そのため「お得」な制度だと、認知度・人気が高まってきているのです。

ふるさと納税の仕組みを理解してチャレンジしてみてください!

ふるさと納税の仕組み

furusato-shikumi

① 寄付を行う

応援する自治体を選んで寄付を行います。申込方法や決済方法は自治体に酔って異なりますので、注意が必要です。

② 受領証明書と返礼品が届く

数週間から数ヶ月程度で、寄付金の受領証明書とお礼の品として地域の特産品が送られてきます。

③ ワンストップ特例申請書を提出、もしくは確定申告を行う

確定申告なしで控除を受けたい場合は、ワンストップ特例申請書を寄付先の自治体に提出します。

④ 控除に必要な情報を通知

納税者の寄付に必要な情報が、寄付先の自治体から住所地の自治体に提供されます。

⑤ 翌年度の住民税を減額

住所地の自治体から、寄付に応じて減額された住民税額の通知書が届きます。

ふるさと納税に関する疑問 Q&A

Q1 ふるさと納税をする際に申込期限はあるの?

A 税金の控除を受けるには、1月1日から12月31日に受付完了する必要があります。

<解説>

そもそも、「控除」とは、課税所得から差し引くという意味になります。要するに免税枠と考えていただければ大丈夫です。税金の制度なので、1月〜12月を一区切りとなります。

例えば、2018年1月〜12月の寄付分は、翌年2019年6月〜2020年5月までの1年間の住民税から減額されます。

Q2 「ふるさと」というくらいだから、生まれ故郷じゃないとダメ?

A 生まれ故郷じゃなくても問題ありません。また、控除限度額の範囲内で複数の自治体に寄付が可能です。

<解説>

自分の故郷や、現在住んでいる自治体ではなくても寄付が可能です。寄付する自治体を決めるポイントはいくつかありますが、「あなたが応援したいと思った自治体」や「気になる返礼品がある自治体」、「ユニークな寄付の使い道を設定している自治体」などを決めます。

寄付する自治体の数は制限されていませんが、ワンストップ特例制度を利用する場合は、5自治体以内に押さえる必要があります。

Q3 お得だ!と話題になっているが、誰がやってもお得なの?

A 住民税を支払っている納税者が寄付を行わないとお得にはなりません。

<解説>

あくまでも控除を受けられるのは住民税を収めている方の場合に限ります。その為、納税者の名義で寄付をする必要があります。

専業主婦の方や、税金免除となっている方の名義では、単なる寄付となり、税金控除は対象がとなります。

また、支払いの際も納税者名義のクレジットカードや銀行口座で手続をしないといけないので 注意が必要ですね。

Q4 寄付はどうやって支払うの?

A 各自治体によってことなりますが、銀行振り込などに加えて、最近ではクレジットカード決済やコンビニ決済で支払いが可能な自治体が増えています。

<解説>

寄付金の支払い方法は、自治体毎に決められており、代表的なものとしては、銀行振込やクレジットカード支払い、郵便振替がある。

最近では、ポイントを貯める目的で寄付をするというのがあります。

オススメ記事

ふるさと納税おすすめ高還元率自治体コスパランキング!

【2018年最新版】ふるさと納税でもらえる還元率の高いオススメ家電製品ランキング

【完全保存版】ふるさと納税でゴルフクラブやゴルフ用品を一覧にしてみた!

【大人気】ふるさと納税でジェラートピケをゲット!カテゴリー別にご紹介

【保存版】ふるさと納税サイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る