ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

ジェラートピケやエルゴベビーがもらえるファッション専門のふるさと納税サイトnoma-styleがすごい!

ふる太くん
現在、人気のジェラートピケなどを取り扱っているnoma-styleでは返礼品を受付していませんが、代わりにF-STYLEでオシャレな返礼品を取り扱っています。

大人気ファッションブランドであるジェラートピケやエルゴベビーがふるさと納税でもらえちゃうんです!

そのサイトの名前は、noma-style。もらえる返礼品のブランドは、なんと23種類。エルゴベビーは素晴らしい商品ですが、値段が高価な為、意外と自分で買うのは躊躇するもの。ジェラートピケもそうですね。

そんな、エルゴベビーやジェラートピケがふるさと納税の返礼品でもらえたら、素晴らしいですね!プレゼントにも最適ですし。この2つのブランド以外にも、人気ブランドなどをご紹介しますね。

ジェラートピケやエルゴベビーがもらえって本当!?

はい、本当です!

ジェラートピケやエルゴベビー以外にも、ラコステやマンハッタンポーテージなど、様々なジャンルのファッションブランド用品がもらえます。

ファションブランドや雑貨など、合計30ブランドの商品がもらえます。

ファッションブランドに特化したふるさと納税サイトで、トップスやパンツなどのアイテムで選択できるような項目もあり、使い勝手は非常にいいですね!


noma-style.comでふるさと納税

おすすめのブランド

Noma-styleでは30種類ものブランドの返礼品が用意されています。その中でおすすめの返礼品を厳選してご紹介致します。

・エルゴベビー
・ジェラートピケ
・ジョンマスターオーガニック

それぞれ簡単にご紹介していきますね!

エルゴベビー


ふるさと納税でエルゴベビーをもらう
子供が生まれたらエルゴベビーでしょ!というくらい有名な抱っこ紐です。

一度エルゴベビーの抱っこ紐を使ったら、もう他の製品は使えない!というくらい大人気の抱っこ紐です。

もちろん、我が家も子供が生まれるたびに新しいエルゴベビーを購入し使っています(使い込み過ぎて痛む為)。

そんなエルゴベビーがふるさと納税の寄付でもらえるなんて素敵ですね!

買うと結構高価ですし、意外と使い勝手がいいことを知らない人もまだいますので、出産祝いとかにプレゼントすると喜ばれると思います。

ジェラートピケ


ふるさと納税でジェラートピケをもらう
これまた大人気ファッションブランドのジェーラトピケです。

私は男なので、正直ジェラートピケについて語れるものはないのですが、男性の私でも知っているくらい有名なブランドです。

どうも、着心地にこだわった作りのアイテムが多いみたいですね。

大人用だけではなく、赤ちゃん用の小物や雑貨、シャンプーなど幅広いジャンルの返礼品の用意があるのも嬉しいポイントです。

ジョンマスターオーガニック


ふるさと納税でジョンマスターオーガニックをもらう
地球に敬意を払うラグジュアリーなビューティーラインをというコンセプトのもと作られている、ニューヨーク発の本格オーガニックコスメになります。

高価な商品なので、ふるさと納税でもらえたら嬉しいですね。

noma-styleがファッションブランドを返礼品で送るわけ

noma-styleは、ファッションを通じて、あなたの想いと被災地のこころをつなぐ”ふるさと納税”サイトとあるように、ファッション・ライフスタイルに特化したふるさと納税サイトになります。

運営している団体は、南相馬市の復興を支援するために住民自ら組織した特定非営利活動法人 南相馬救援隊です。

Noma-styleの説明ページの中には、以下のような説明がありました。

ご存知のように福島県南相馬市は、2011年3月11日の東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故により大きな被害を受けました。

南相馬市の小高区は福島第一原発から20km圏内に位置し、南相馬市の人口約7万人のうち、小高区の2万5,000人が市街への避難を余儀なくされています。

2016年7月には、小高区からの避難指示が解除され住民のふるさとへの復帰がはじまりました。
しかし、長い避難生活により避難解除地域の元々の人口約1万人のなかで、実際に帰還するのは高齢者を中心とした1,000人程度と見込まれています。

期間後には、日常の交通や周囲との繋がりの維持など、さまざまな面での不足・困難が予想されます。

南相馬市行政の努力はあるものの、人員等の限界もあり、行政に頼らない住民同士による自助努力が不可欠となっています。

「noma-styleとは」ページより

こういった思いに賛同したブランド企業が返礼品を提供しているのです。ですので、返礼品は地域の特産品ではありません。

しかし、賛同したブランドで働く関係者には、福島県出身者や福島県に友人知人がいるゆかりのある関係者が多数在籍しており、ふるさと納税を通じて復興支援を行うという思いに共感して実現したのでしょう。

ふるさと納税は寄付を通じて地方創生を実現することが目的ですので、返礼品がたとえ地元特産品でなくとも、ふるさと納税が地方の創生に繋がるのであれば問題ありません。

noma-styleへの寄付は、南相馬しを通じて、NPO「南相馬救援隊」へ渡されます。

南相馬救援隊では、小高区の巡回バスの運営など柔軟で細かい住民サービスの実現などの活動資金として流用されるようです。

まとめ

大人気ブランドのエルゴベビーやジェラートピケ、オーガニックコスメのジョンマスターオーガニック製品などがふるさと納税でもらえると聞いて、初めは嘘でしょ!?

と思ったものですが、noma-styleを運営している、NPO「南相馬救援隊」の復興支援とうの思いを見ると、賛同したブランドの気持ちも分かりますし、ふるさと納税を通じてこういった支援の形があるのだなと感心しました。

ふるさと納税は地方創生の切り札とも言われていますが、反面賛否両論あるもの事実です。

返礼品が地元特産品でない、というだけの理由で前向きに復興支援に取り組んでいる南相馬市の思いをくじくようなそんな批判や対応だけはしないようにしていただきと切に願います。

申し込み方法は、「 noma-style.comの申し込み方法を4つのステップで詳しく解説 」にて解説していますので、ぜひチェックして申し込んでみてください!

※ F-STYLEからのお申し込みはこちら
https://f-style.tax/

noma-style.comでふるさと納税

おすすめ記事

【家電976点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年ふるさと納税】ゴルフクラブ・ゴルフ用品の還元率公開

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング100

【2021年お正月に届く!】ふるさと納税おせち料理おすすめ18選

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る