ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

【ふるさと納税】noma-style.comの申込方法を5つのステップで解説

ふる太くん
現在、オシャレな返礼品を取り扱っていたnoma-styleは返礼品を受付ていません。今後、ジェラートピケなどの人気アイテムが復活する事を祈りましょう♪

今回は、ふるさと納税の返礼品の中でもファッションアイテムを中心に扱うnoma-style.comの申し込み方法をステップ・バイ・ステップでご紹介します。

現在、noma-style.comでは返礼品の受付を停止していますが、代わりにF-STYLEでオシャレな返礼品を取り扱っています。

noma-style.comの申し込み方法を詳しく解説

 

申し込みの5つのステップ
ステップ1 サイトへアクセス
ステップ2 返礼品を選ぶ
ステップ3 寄付を申し込む
ステップ4 返礼品を受け取る
ステップ5 ワンストップ申請書を提出


noma-style.comでふるさと納税

ステップ1 サイトへアクセス

まず、noma-style.comへアクセスします。

noma-style

ステップ2 返礼品を選ぶ

トップページの「ピックアイテム」「新着アイテム」から、または左側の「性別で選ぶ」「寄付金額で選ぶ」「アイテムで選ぶ」の検索機能を使って、欲しい返礼品を探します。


ステップ3 寄付を申し込む

寄付の使い道を選ぶ

寄付金を自治体にどのように使ってほしいか、使い道を選択します。選択肢がない場合は、そのまま次の画面へ進みます。

配送先・支払方法の入力

初めて利用する場合は、寄付者や配送先の情報を入力します。再度利用する可能性があるなら、会員登録をしておいたほうが次回以降、便利です。
noma-style.comはクレジットカード決済ができず、支払方法は【銀行振込】か【郵便振替】のみですのでご注意ください(クレジットカード決済は近々、導入予定とのことです)。

ふるさと納税申請情報を入力する

ステップ4 返礼品を受け取る

ステップ5 ワンストップ申請書を提出

自治体からワンストップ申請書が届きますので、必要事項を記入し自治体へ郵送します。

ワンストップ特例申請書の注意点

・確定申告を行う必要がある場合(個人事業主、年収2,000万円を超える方、医療費控除などを受ける場合など)は利用不可
・寄付は5団体(自治体)以内に限る

※寄付先が5団体以内の場合は、寄付回数が5回以上でもワンストップ特例申請を適用することが可能です。

ワンストップ特例申請書の記入方法

ワンストップ特例申請書に添付する資料

マイナンバーカード(顔写真入りカード)をお持ちの方

・マイナンバーカード(顔写真入りカード)裏表のコピー

マイナンバーカード(顔写真入りカード)を持っていない方

マイナンバーカード(顔写真入りカード)がない場合は、代わりに以下の2点を同封する必要があります。

・番号通知カードのコピーまたは住民票の写し
・運転免許証かパスポートのコピー

ワンストップ特例の申請は、ふるさと納税を行なった翌年の1月10日ごろ(必着)です。期日を過ぎるとワンストップ申請を受けることができなくなりますので、ご注意ください。仮に間に合わなかった場合は、確定申告を行えば寄付控除の適用を受けることができます。

まとめ

今回は、ジェラートピケやエルゴベビーなどの商品がもらえる話題のファッション専門ふるさと納税サイトである、noma-style.comの申し込み方法をご紹介しました。

2018年5月時点ではクレジットカード決済が使えず、【銀行振込】か【郵便振替】のみの支払方法ですが、このマイナス点を差し引いても、もらえる返礼品が魅力的なのでぜひ利用したいですね。

ファッション専門のふるさと納税サイトnoma-styleがすごい!でも書いてますが、被災した福島県南相馬市の支援になるという点でもぜひ積極的に利用して盛り上げていきましょう!

noma-style.comでふるさと納税

おすすめ記事

【家電976点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年ふるさと納税】ゴルフクラブ・ゴルフ用品の還元率公開

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング100

【2021年お正月に届く!】ふるさと納税おせち料理おすすめ18選

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る