ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

【2022年最新】ふるさと納税ファッションアイテム還元率ランキング10

還元率遷移バナー

ふる太くん
人気のブランド「ジェラートピケ」の返礼品は、以前は受付していたけど現在受付している自治体はないよ。とても人気だったから残念だよね…再復活してくれることを願おう♪

ファッションといえば、その人それぞれの個性が光る部分でもありますよね。常に最先端のアイテムをいち早く取り入れている人。シンプル・ベーシックだけどいいものを長く愛用している人。

ふるさと納税といえば特産品が返礼品として多く取り扱われていますが、洋服などのたくさんの「ファッションアイテム」も返礼品としてもらえます!なじみ深い人気のブランドも、高品質の初めて知るブランドも多数!あれもこれも欲しくなっちゃうこと間違いなし。

こちらの記事では、ふるさと納税でもらえるお得なファッションアイテムの還元率ランキングトップ10をご紹介します。

人気のジェラートピケ、シップスの返礼品は?現在の受付状況

以前、福島県南相馬市で受付していた人気ブランド、ジェラートピケやシップスのファッションアイテムは、2019年のふるさと納税制度規制により受付が終了してしまいました。

2022年現在も復活はしていません。

再度受付が開始されましたら、こちらの記事でお知らせいたします。

【2022年最新】ふるさと納税「ファッションアイテム」還元率ランキング10


その他ふるさと納税でもらえる全返礼品の還元率ランキングが知りたい方はこちらから↓↓










目次へ戻る▲

ふるさと納税について

ふるさと納税は、生まれ育ったふるさとや応援したい自治体などに、自分の控除限度額の範囲内で好きな金額を寄付できる制度です。

Q. ふるさと納税をすると何のメリットがあるの?
A. さまざまな返礼品がもらえます
ほかの自治体に寄付をすると、その寄付金額に応じて返礼品がもらえます。各自治体の用意している返礼品はふるさと納税サイトで紹介されているので、ほしい返礼品を指定して寄付をすると、後日返礼品が送られてきます。

Q. 寄付をすると税金が安くなるの?
A. 翌年の税金から寄付金額分のほとんどが控除(減額)されます
現在居住している自治体以外へふるさと納税の寄付をすると、翌年に支払う住民税などから、寄付金額分から2,000円を引いた額が控除(減額)されます。ただし、控除されるためには確定申告かワンストップ特例制度の手続きが必要です。


Q. いくらでも寄付できるの?
A. 控除される金額には上限があり、家族構成や年収によって決まっています
たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円まで寄付が可能で、年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。
控除限度額は「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

まとめ

各自治体では、地域の特色を生かし地元特産の素材や材料を使ったファッションアイテムがいくつかありました。
知名度よりも何よりも上質さに目を引く品々、どれもおすすめしたいと思いました!

ファッションは季節によっても身に着けるものは様々ですので、これからもどんな返礼品がでてくるのか楽しみですね。

おすすめ記事

【1万円で15kgも!】ふるさと納税お米のコスパ最強ランキング2022

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング

⇒ 【家電2557点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2022最新版

ふるさと納税 金券&商品券 還元率ランキングベスト10!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る