Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

平成30年ふるさと納税のお米オススメ自治体ベスト5!


ふるさと納税では毎年大人気の特産品であるお米。

今回は、平成28年最新版お米をもらうならココ!オススメ自治体ベスト5をご紹介したいと思います。
お得感がある特産品は受付開始してから、あったと言う間に受付終了してしまうことが多いです。

現に、これからご紹介する自治体についても、期間限定で募集し、それ以降は受けつけないというところもあります。
平成28年の分は既に一部受付終了しているところもありますが、これから受けつけを予定している自治体もまだまだあります。

是非早めにチェックし、目星をつけておくことで、いざ受付開始となった時に、すぐに申し込みができるよう準備しておきましょう^^

長野県阿南町 1万円で20kg

以前にもこちらの記事で書いていますが、ふるさと納税のお米と言ったらここというくらい有名な阿南町の阿南米。

ふるさと納税を通じて、一気にその名を全国に轟かせた自治体になります。

賛否あるふるさと納税制度ですが、阿南町のような好例を見習った自治体が増えるといいですね^^

ちなみに、もらえるお米は、「あなんの誉れ」が1万円で20kgもらえます。

ただ、今現在申し込み受付は開始していません。

阿南町のホームページにも公式情報が見つかりませんでした。

追加情報があればこのサイトでご紹介致しますね!

山形県寒河江市 3万円で60kg

こちらも毎年人気の自治体である、山形県寒河江市( さがえし )です。

寒河江市の場合は3万円で60kgのお米を送ってもらえます。

岡山件総社市 1万円で20kg

大人気企画、そうじゃのお米が、平成28年1月1日〜平成28年8月31日までの期間限定で受付開始しております。
ただし、配送は、平成28年の12月になるので注意が必要です。

また、お米の種類は、「ヒノヒカリ」「にこまる」「きぬむすめ」「朝日」の中から収穫時期に合わせて届けてくれるそうです。
1万円寄付した場合は、1回目平成28年12月になり、2万円寄付した場合は、1回目平成28年12月で、2回目平成29年の2月になります。

3万円寄付した場合は、1回目平成28年11月、2回目平成29年1月、3回目平成29年3月になります。
数量に達し次第受付終了になるとのことなので、申し込む予定の方は急がれた方がいいかもしれません。

茨城県河内町 1万円で20kg

河内産コシヒカリが20kgもらえるというのはなかなかお得ですね。
難点はクレジットカード決済に対応していない点でしょうか。

申し込みはHPから申込書を自治体に提出する形式のようです。

香川県三木町 1万円で20kg

コシヒカリが1万円で20kgもらえます。

新米以外でも、コシヒカリやあきたこまちなどの有名銘柄のお米がもらえたら嬉しいですよね!
ふるさと納税のいいところは、地方の美味しい特産品がもらえるところですよね。

しかも、それが今まで食べた中で一番美味しかったりしますしね。
本当にやめられません。

まとめ

お米を送っている自治体をリサーチして感じたことは、申し込みを中止している自治体が多いということです。

お米は人気の特産品ですので、募集開始と同時に、一気に申し込みが殺到してあっという間に募集終了。ということも多々ありました。
ある自治体では、アクセスが殺到しすぎて、自治体HPがダウンしたということもありました。

2015年に比べて、1万円で20kgのお米を特産品として贈る自治体が増えてきましたので、昨年ほどではないかもしれませんが、ふるさと納税にチャレンジする方の数を考えても、やはり申し込める時に申し込んどいた方が安心だなという印象があります。
あなたも2016年はお米をもらおう!と考えているのであれば、なるべく早めに行動されることをオススメ致します。

現に、2015年の秋から年末にかけては、条件のいいお米はほとんど募集停止していましたので。
2016年、ふるさと納税の魅力にもっと多くの方が気づかれるよう有益な情報をお届けしたいと思います。

オススメ記事

ふるさと納税おすすめ高還元率自治体コスパランキング!

【2018年最新版】ふるさと納税でもらえる還元率の高いオススメ家電製品ランキング

【完全保存版】ふるさと納税でゴルフクラブやゴルフ用品を一覧にしてみた!

【大人気】ふるさと納税でジェラートピケをゲット!カテゴリー別にご紹介

【保存版】ふるさと納税サイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

 
 
楽天市場
楽天市場

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る