ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

【2020年最新】ふるさと納税で泉佐野市が復活!話題の返礼品は!?

ふる太くん
「さのちょく」で一躍有名となった大阪府泉佐野市のふるさと納税。ふるさと納税復帰第一弾として7/30から寄付の受付をついに開始!第一弾の返礼品は…

大阪府泉佐野市は、ふるさと納税で非常に人気の高い自治体でした。しかし、2019年6月から総務省の方針によりふるさと納税から不指定とされ、国を相手に訴訟を起こして争っていたのをご存知の方も多いでしょう。

そして2020年6月、最高裁判決によって不指定が取り消されたというニュースがメディアで流れました。泉佐野市の発表によると、不指定は取り消されたものの現行の制度での指定をまだ受けてはいないため、現時点ではふるさと納税の受付再開はしていません。しかし、今後準備が整い次第の復活が期待されています。

お得な返礼品はあるのか!?Amazonギフト券の取り扱いは開始されたのか!?ここでは、大阪府泉佐野市のふるさと納税の状況を随時更新します!

ふるさと納税で人気があった大阪府泉佐野市の返礼品

泉佐野市は、かつては国内でも多くの寄付金を集めた自治体の1つでした。2018年には497億円の寄付を集めており、全国で集めた寄付金の約1割を占めていたといされています。

当時人気の高かった返礼品には、たとえば次のようなものがありました。

– コシヒカリなどお米セット(還元率102%)
– 高級ブランド牛A5等級 しゃぶしゃぶ用(還元率100%)
– よなよなエール 350ml×24本(還元率64%)
– ザ プレミアムモルツ 350ml×24本(還元率54%)
– Peach ピーチポイント(還元率50%)
– カタログギフト(還元率50%)

泉佐野市の返礼品の特徴は、人気の品が高還元率で提供されているところにありました。さらに2019年6月のふるさと納税の受付終了直前には、Amazonギフト券が最大40%分もらえるという「泉佐野史上、最大で最後のキャンペーン」を実施し、注目を集めました。

さのちょく

【最新】大阪府泉佐野市で現在実施中のふるさと納税

【速報】2020年7月30日にふるさと納税復帰第一弾として、泉州タオルがもらえる寄付の受付を開始しました!残念ながら、Amazonギフト券の返礼品はありませんが、その他次のような災害支援の寄付の申し込みも受け付けています。

《NEW》200種類以上から選べる泉州タオル

さのちょく

ふるさと納税復帰第一弾として、200種類以上から選べるタオルがもらえる寄付の受付を開始しています。

大阪府泉佐野市は、日本のタオル産業発祥の地です。泉州タオルは、大阪泉州地域で生産されるタオルのことで、吸水性にすぐれ、肌触りの良い、安心・安全な国産タオルです。こだわりのオーガニックのタオルや、ホテルで使用されている高級タオルまで受付しています。

これからどんな返礼品が受付されるのかも楽しみですね。

10億円赤字支援プロジェクト

さのちょく

市では現在「10億円赤字支援プロジェクト」と銘打って「地方独立行政法人りんくう総合医療センター」を支援するための寄付を募っています。

同院は、新型コロナウイルス患者の受け入れを行っていましたが、そのことによる大幅な支出増、および外来患者の現象の影響で約7億円の赤字を抱えています。もはや国からの支援だけではまかないきれない状況になっているところに、今後第二派によりふたたび多くの患者が暑まることが予想されます。最前線で新型コロナウイルスとたたかっている「地方独立行政法人りんくう総合医療センター」を、あなたも支援しませんか?

令和2年熊本豪雨災害支援

さのちょく

令和2年に九州を襲った豪雨は、氾濫した球磨川周辺および県内各地が大きな被害をもたらしました。泉佐野市では、対応に追われ事務手続きになかなか手が回らない熊本県に代わり、熊本県への寄付の受付を代理で行っています。

ふるさと納税を行う前に3点をチェック!

「寄付する自治体も決まったし、お礼の品のいくらも選んだし、さっそくふるさと納税を申し込むぞ!」と思った方。ちょっとお待ちください!
自治体に申し込みをする前に次の3点を確認しておきましょう。

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの?

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、ふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円まで寄付が可能で、自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「ふるさとチョイス 還付・控除限度額計算シミュレーション」や「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】ふるさと納税の申込開始は1月1日から、期限は12月31日まで

ふるさと納税は年度末までに申し込めばいいの?

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、1月1日~12月31日の間に寄付した金額から所得税・住民税が還付・控除されますので、税金控除を考えている方は毎年12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

申し込みも済んだし、返礼品ももらったし、これで終わりでしょ?

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄付時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

まとめ

ふるさと納税で人気の高かった大阪府泉佐野市の返礼品に期待が寄せられています。今後は、地場産業などこれまでと異なる返礼品で申し込み再開されると思われます。ふるさと納税サイトにて、今後の動きをチェックしておいてくださいね。

おすすめ記事

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング

【2020年最新版】ふるさと納税でできる災害支援情報まとめ

【家電893点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る