ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

さとふるキャンペーンコードとは?お得なクーポンの調べ方から使い方

\合計500名にAmazonギフト券1万円分/
次回さとふるの日は10/28(水)!!

ふる太くん
各ふるさと納税サイトのキャンペーンを活用しないのはもったいない!さとふるは定期的にキャンペーンを実施しているし、キャンペーンコードを獲得できればお得にふるさと納税できちゃうよ♪

ふるさと納税専門サイト「さとふる」で寄付手続きをしている中で、以前から気になっていたのが、「キャンペーンコード」という項目です。

これ何に使うんだろう?と以前から気にはなっていたので、思い切って調べて見ました!調べた結果、お得な機能であることが分かりましたのでご紹介致します。

2020年の最新版のキャンペーンコードがあるかどうかも調べてみたので、ぜひ今後さとふるでふるさと納税を行う上で参考になれば幸いです。

さとふるの「キャンペーンコード」とは?

そもそもさとふるのキャンペーンコードってなに?という方もいるかもしれませんので一応ご紹介しますね。こちらの添付画像の赤枠部分です。

このように、返礼品を選択し、寄付情報の入力を行うフォームの一番下側に、キャンペーンコードの入力項目が出てきます。

メッセージで、「キャンペーンコードをお持ちの方はこちらからご入力ください。」とあります。通常のインターネットショッピング等でよくある、お得なクーポンのようなコードなのだと思われます。

知っている人は得をするの典型の機能です。少しでもお得になるならやったほうがいいですよね?ただ、お得になるからといって、むやみやたらに応募するのもなんか面倒なきもします。

そもそも、過去のキャンペーン内容はどれくらいお得だったのでしょうか?

過去のキャンペーン内容を知ることで、今後もキャンペーンコードを意識して寄付を行う方がお得なのか、そうではないのかの判断ができると思います。

過去のキャンペーンコード内容はどんなもの?

さとふるは、ソフトバンク系列の会社が運営しているサイトです。SoftBank公式Twitterアカウント等を確認すると、これまでさとふるにて行なってきたキャンペーンの内容とキャンペーンコードを知ることができます。

以前のキャンペーンコード関連のつぶやきを、古い順に上から並べたものがこちらになります。

これを見ると、寄付手続きの際にキャンペーンコードを入力すると、返礼品を抽選でプレゼントしてくれるものと、Amazonギフト券がもらえるものの2通りありますね。

抽選で返礼品のプレゼントが当たる可能性は低そうですが、Amazonギフト券がもらえるのはすごいお得ですね!これはキャンペーンコードを入力する価値はありそうです。

ちなみに、キャンペーンコードとは異なりますが、現在、期間中に寄付してくれた方の中から抽選で910名に、Amazonギフト券が当たったりするキャンペーンなども開催しているみたいですね!

以前受付していたキャンペーンは、こちらから確認できます。

キャンペーンコードの調べ方はこれ!

さとふるのキャンペーンコードは、上記キャンペーン情報一覧ページにも掲載されていますが、コードはあまり掲載されていません。

では効率的に調べる方法はないのか?と疑問に思われたかもしれませんので、調べる方法をお伝えしますと、その方法は2つ!「 SoftBankの公式Twitter等をこまめにチェックする!」、「さとふる公式LINEと友だちになる!」です。

結構面倒ですかね?確かに都度Twitterを確認して、キャンペーンが開催されていないか確認するのはあまり賢い方法とは言えませんが、LINEだと身近ですよね。

ふるとくメルマガでは、不定期ではありますが、お得なキャンペーン情報などがあれば、優先的にご連絡させていただきますので、是非ご登録ください。

【必見】2020年のキャンペーン実施状況は?

現在、さとふるでキャンペーンコードを利用したキャンペーンは実施していないようです。しかし、2020年10月は下記3つのキャンペーンを行なっています。キャンペーン実施日に寄付するだけで、抽選で合計500名にAmazonギフト券1万円分がもらえます!!また、LINEでもクーポンコードを配信しているみたいですね!実際に年末にLINEクーポンが配信されていました。

・ふるさと納税 2020年10月度さとふるの日キャンペーン
・ふるさと納税 お礼品レビュー投稿キャンペーン2020年10月度
・ふるさと納税 2020年10月度 新規会員限定『簡単アンケートで貰おう』キャンペーン

さとふるは、こういったSNSを活用したキャンペーンも頻繁に行っているので、こまめにチェックされることをおススメします!今後キャンペーンコードを使用したキャンペーンを行う可能性もありますので、その際はできる限りメルマガやこのサイトでお知らせするようにしますね!

キャンペーン

【これを選べば間違いなし!】さとふるの人気返礼品ランキングベスト10

2020年10月1日現在の、さとふる人気返礼品ランキングベスト10をご紹介します。売り切れ必須の返礼品なので、お申込みはお早めに!

さとふるキャンペーンコードに関するQ&A

Q. 現在お得に利用できる「さとふるキャンペーンコード」はあるの?

A. こちらでもご紹介しましたが、2020年10月現在さとふるでキャンペーンコードを利用したキャンペーンは実施していません。しかし、お得なキャンペーンとして寄付するだけで抽選で合計500名にAmazonギフト券が当たるキャンペーンは実施しています。

Q. さとふるキャンペーンコードが発行される頻度はどれくらい?

A. 過去の傾向を見ると、2016年あたりまでは実施していたようですが、最近はキャンペーンコード利用でのキャンペーンは実施されていません。直近はキャンペーンコードではなく、Amazonギフト券での還元を主流としているようです。新規で発行された際は、こちらでご紹介します。

Q. さとふる以外のサイトでキャンペーンコードを発行しているサイトは?

A. ふるさと本舗では、Amazonギフト券6%プレゼントキャンペーンを11/30まで実施中です。キャンペーンコードは【FT2010】。その他キャンペーンコードを利用したキャンペーンを実施しているサイトはありません。

まとめ

今回は、さとふるのキャンペーンコードが何かについてご紹介してきました。

以前から気になっていたキャンペーンコードの正体とその情報収集方法、ならびに現在開催中のキャンペーン実施状況をお伝えしました。

キャンペーンコードを知る方法は、こまめにSoftBankの公式Twitterのつぶやきを確認する、公式LINEの友だちになる方法があります。面倒な場合は、ふるとくメルマガに登録いただければ都度お送りできるようにしますので是非ご登録ください。

今後も積極的にSNSを活用した情報発信をされていくと予想されますので、何か有益な情報があれば、都度当サイトにてお知らせしていきますね!

おすすめ記事

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング100

【家電976点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年ふるさと納税】ゴルフクラブ・ゴルフ用品の還元率公開

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る