ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

ふるさと納税のデメリットは何?意外な落とし穴とは

ふる太くん
ふるさと納税はお得とよく聞くけど、デメリットについては意外と知らないよね。ふるさと納税のデメリットを大きく4つふる太が解説するよ♪

お得だと人気が高まっているふるさと納税ですが、「デメリット」はあるのでしょうか?

お得だからやらなきゃ損!とばかりに、テレビ番組や雑誌で特集が組まれていますよね。最近では、ふるさと納税のみを扱った小冊子版の雑誌も販売されるなど、かなり加熱しているふるさと納税ですが、果たしてデメリットはあるのでしょうか?
今回は、知って損はないふるさと納税のデメリットについて調べていきます。

ふるさと納税の「デメリット」とは?

ふるさと納税のメリットはご存知の通り、2,000円の負担で、さまざまな地域の特産品を返礼品としてもらえるということですよね。
おいしいお酒や米、肉など、その地域の名産品をもらえるということで大人気のふるさと納税ですが、果たして落とし穴はあるのでしょうか。

デメリットであると考えられるものを4つ挙げてみました。

1. 減税や節税対策にはならない
2. 控除される金額に上限がある
3. 確定申告をしないといけない
4. 寄付なので先に持ち出しが発生する

以下にてそれぞれ解説していきますね。

1. 減税や節税対策にはならない

ふるさと納税すれば、税金が安くなるので節税対策になる!と巷でよく聞きますが、結論から言うとふるさと納税したからといって減税や節税対策にはなりません。

ふるさと納税で自治体に寄付をすると、寄付金のうち2,000円を超える部分について所得税や住民税から控除されますが、実際には翌年の税金を前払いで支払っていると同じなので支払い総額は変わりません。

その代わり、お礼の品として3割程度の返礼品がもらえるので、その商品分がプラスとして上乗せされます。ふるさと納税するだけで税金が減ると思っている方にはデメリットになるでしょう。

2. 控除される金額に上限がある

ふるさと納税には、控除される金額に上限があります!

寄付金のうち、2,000円を除く全額が控除の対象になり、実質2,000円で特産品がもらえることばかりが報道されていますが、実は控除できる金額には上限があります。

控除金額の目安は、およそ住民税の1割程度になります。もちろん、住民税の額が多くなれば多くなるほど、控除限度額は上がっていきますので、年収が高くなることで、よりお得になる制度になります。

現状、年収500万円の独身の方で控除額は約61,000円になります。

年収 独身または共働き 夫婦または共働き+子供一人
(高校生)
共働き+子供一人
(大学生)
夫婦+子供一人
(高校生)
共働き+子供二人
(大学生と高校生)
夫婦+子供二人
(大学生と高校生)
300万円 28,000円 19,000円 15,000円 11,000円 7,000円
325万円 31,000円 23,000円 18,000円 14,000円 10,000円 3,000円
350万円 34,000円 26,000円 22,000円 18,000円 13,000円 5,000円
375万円 38,000円 29,000円 25,000円 21,000円 17,000円 8,000円
400万円 42,000円 33,000円 29,000円 25,000円 21,000円 12,000円
425万円 45,000円 37,000円 33,000円 29,000円 24,000円 16,000円
450万円 52,000円 41,000円 37,000円 33,000円 28,000円 20,000円
475万円 56,000円 45,000円 40,000円 36,000円 32,000円 24,000円
500万円 61,000円 49,000円 44,000円 40,000円 36,000円 28,000円
525万円 65,000円 56,000円 49,000円 44,000円 40,000円 31,000円
550万円 69,000円 60,000円 57,000円 48,000円 44,000円 35,000円
575万円 73,000円 64,000円 61,000円 56,000円 48,000円 39,000円
600万円 77,000円 69,000円 66,000円 60,000円 57,000円 43,000円
625万円 81,000円 73,000円 70,000円 64,000円 61,000円 48,000円
650万円 97,000円 77,000円 74,000円 68,000円 65,000円 53,000円
675万円 102,000円 81,000円 78,000円 73,000円 70,000円 62,000円
700万円 108,000円 86,000円 83,000円 78,000円 75,000円 66,000円
725万円 113,000円 104,000円 88,000円 82,000円 79,000円 71,000円
750万円 118,000円 109,000円 106,000円 87,000円 84,000円 76,000円
775万円 124,000円 114,000円 111,000円 105,000円 89,000円 80,000円
800万円 129,000円 120,000円 116,000円 110,000円 107,000円 85,000円
825万円 135,000円 125,000円 122,000円 116,000円 112,000円 90,000円
850万円 140,000円 131,000円 127,000円 121,000円 118,000円 108,000円
875万円 145,000円 136,000円 132,000円 126,000円 123,000円 113,000円
900万円 151,000円 141,000円 138,000円 132,000円 128,000円 119,000円
925万円 157,000円 148,000円 144,000円 138,000円 135,000円 125,000円
950万円 163,000円 154,000円 150,000円 144,000円 141,000円 131,000円
975万円 170,000円 160,000円 157,000円 151,000円 147,000円 138,000円
1000万円 176,000円 166,000円 163,000円 157,000円 153,000円 144,000円

もちろん、扶養家族がいたり住宅ローンなどがあると支払う住民税の額は変わりますので、一概にこうだとは言えませんが、一つの目安にはなるかと思います。
デメリットというのがふさわしいのかは分かりませんが、自らの年収に応じた寄付をする必要がありますよ!ということですね。

誰もがいくら寄付をしても2,000円の負担でいいわけではないというところは以外とテレビ番組などでも放送されないところになりますので、寄付をする際は気をつけたいところですね。

詳しく上限寄付金額を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

3. 確定申告をしないといけない

次に二つ目のデメリットは、「確定申告をしないといけない」ということです。

サラリーマンであれば税金の計算や手続きというのは会社が全て行ってくれますのでわざわざ確定申告をする必要がありません。以前はふるさと納税を行うと控除を受けるために、確定申告をする必要がありました。

ただ、2015年の4月から制度が改正になり、いくつか条件はあるものの、確定申告をする必要がなく控除を受けることができるようになりました。
これまで確定申告が面倒だと思って二の足を踏んでいた方でもめんどくさい作業をする必要がなくなるという点では、非常に良い制度改正が行われたことになります。

改正した制度の名前は、「ワンストップ特例制度」です。

スクリーンショット 2015-07-05 23.41.32



ワンストップ特例制度適用でふるさと納税を行うと、手続き後に、自治体からワンストップ特例制度適用の用紙が送られてきます。
確定申告の代わりに、その用紙に記入し自治体へ郵送する必要はありますが、記入自体はそんなに面倒なものではありませんので、特段問題にはならないかと思います。

ワンストップ特例制度の適用条件ですが、5自治体以内の寄付であり、かつ、ふるさと納税の有無にかかわらず確定申告を行わない方になります。

ワンストップ特例制度について詳しく知りたい方はこちらから↓↓

4. 寄付なので先に持ち出しが発生する

これは以外と意識されていないかもしれませんが、ふるさと納税は寄付なので、後から控除されてお金が戻って来るといってもどうしても持ち出しが発生してしまいます。

仮に4月にワンストップ特例制度を適用してふるさと納税を行った場合、所得税からの控除は発生せず、ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う住民税の減額という形で控除が行われます。

正直寄付をしよう!というくらいの方なので、基本的には問題がないかと思いますが、どうしても先に持ち出しが発生するのは嫌だという方にとってはデメリットになりえるのかなと思い掲載致しました。

ふるさと納税すれば保育料を安くできる?

こちらも気になっている方多いのではないでしょうか?

保育料は住民税のうち市町村民税や特別区民税の所得割の税額控除前の金額が算定基準になります。

ふるさと納税は、住民税では税額控除、所得税では所得控除の対象となっているため、ふるさと納税は、保育料の増減には関係しません。

ふるさと納税を行う前に3点を確認

「寄付する自治体も決まったし、お礼の品も選んだし、さっそくふるさと納税を申し込もう!」と思った方。ちょっとお待ちください!
自治体に申し込みをする前に次の3点を確認しておきましょう。

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、ふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円まで寄付が可能で、自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「ふるさとチョイス 還付・控除限度額計算シミュレーション」や「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】ふるさと納税の申込期限は12月31日まで

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、1月1日~12月31日の間に寄付した金額から所得税・住民税が還付・控除されますので、税金控除を考えている方は毎年12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄付時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2021年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

まとめ

総括ですが、控除上限額があることや、手続き上やらなければいけない作業はどうしても発生してしまいます。
もちろん、特産品を選ぶということも沢山種類がある中から選ぶということで以外と面倒な作業であったりします。

ただそういったことを行うだけで、得できるというわけですからやらなきゃ損というのは本当ですね。
ふるさと納税を行う際は、こちらでご紹介をしたデメリットを頭にいれつつ寄付を行っていただければいいのではないかと思います。

【マンガ】1分でわかる!お得な「ふるさと納税」

おすすめ記事

還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング100

【2020年完全版】ふるさと納税サイト16サイトを徹底比較してみた!

【家電976点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2020最新版

【2020年最新版】ふるさと納税で人気の牛肉コスパ最強ランキング

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る