ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

都城市のふるさと納税!ブログならではの視点でオススメ特産品を紹介!

ふるさと納税は加熱しているといっても、実際にまだ手続きをしたことがある方は少数派なのではないでしょうか。

これから更に伸びていくことが予想される、ふるさと納税ですが、今この制度を活用して非常に注目を集めいているのが、宮崎県都城市です。
あなたも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

今回は、ブログならではの視点で、都城市の凄さやオススメの特産品などをご紹介したいと思います。

都城市のふるさと納税が凄い!

ふるさと納税の中でも最近非常に注目されている自治体があります。それが、宮崎県にある都城市です。
ふるさと納税制度を通じて、都城市の名前は一気に有名になりました。

ふるさと納税の好例として取り上げられている都城市ですが、一体何が凄いのでしょうか。

都城市の何が凄いの!?

都城市のふるさと納税がとにかく熱いです。都城市は、2015年のふるさと納税金額が全国でトップの約23万件の申込、35億円の寄付金額が集まりました。

都城市は、地元の焼酎とブランドお肉を特産品として打ち出し一躍人気になりました。
人気な理由はやはり還元率ですよね。1万円の寄付で、ブランドお肉が4kg以上貰えたりするなど、非常に高い還元率を誇っているのが特徴です。

ふるさと納税の特徴である地方自治体の財政が潤うという効果はもちろんのこと、ふるさと納税というツールを使って全国に一躍「都城」という名前が知られることとなりました。
最近批判されがちなふるさと納税ですが、都城市は制度を上手く活用した例ではないでしょうか。

都城市って何処にあるの?

都城市は、宮崎県の南西部に位置する都市。宮崎県下では、宮崎市に次ぐ人口を誇っています。

豊富な自然を活かした畜産業が盛んに行われ、農林水産省が毎年発表する「市町村別農業産出額畜産計」では、北海道などの都市を抑えて堂々の1位を獲得しています。
特に、牛、豚、鶏の各カテゴリーで1位を獲得しています。また、農作物の生産も盛んで、豊富な資料で育った地元のブランド豚肉等は甘みがあると人気です。

都城市のオススメ特産品はコレ!

オススメのお礼の品はズバリ、4.0kg以上のお肉が貰えるブランド豚肉です。
それぞれのお肉は生産業者が異なるのですが、どの業者も質は落とさずお得なお肉を大量に送ってくれるというのは凄くありがたいですよね。

ふるさと納税は寄付なので、安かろう悪かろうと物を買う感覚で話をしてはいけませんが・・あえてショッピング感覚で言わせていただくと、安い代わりに質が劣るというのが普通ですが、ふるさと納税の場合は、生産者がはっきりしていますので安心ですよね。

どのお肉も地元で採れた飼料を中心に大切に育てられた豚肉のようです。質の良いお肉がこれだけ貰えるんですから、都城市に人気が集まる理由が分かりますよね。

  • Mの国黒豚切り落とし4kgセット
  • 梅肉ポーク万能4.0セット(都城発)
  • おさつポークお得な4kgセット
  • どんぐりの恵み食べ比べセット(都城発)
  • 大万吉豚3710gセット
  • クイーンハーブ豚4kgセット
  • 都城産バイオ茶ポーク”まるまる”4kgセット

都城市への申込はこちら


都城市の特産品をゲットするオススメの方法

ふるさと納税の人気なお礼の品は、受付開始後申込が殺到しすぐに在庫切れになります。

申し込もうと思っても在庫切れになるため、希望のものをゲットできない。。とお悩みの方もいるでしょう。
しかし、自治体ならではの事情から、あえて在庫切れにしているケースもあるんですね。

ここでは、リサーチする中で見えてきた、都城市のお礼の品をゲットする際のコツをご紹介します!

都城市のふるさと納税公式サイトから申し込む!

そのコツとはズバリ、都城市の公式サイトから申し込むということです。
なぜなら、他のサイトでは在庫切れになっている特産品でも、公式サイトだと在庫があって申し込めるということがあります。

公式サイトの利点

公式サイトの利点は、なんといっても在庫が豊富だということです。

ふるさとチョイスやふるぽ等の他サイトでは売り切れになっているようなお礼の品が、都城市の公式サイトでは在庫があり申込ができることがあります。
実際に、ふるさとチョイスの都城市ページを確認すると、都城市公式サイトでは申込受付けている旨の記載がありました。

自治体としても、ふるさとチョイスを始めとしたサイト経由で申込がされた場合は、その分手数料が発生するわけですが、公式サイト経由なら必要ないわけですよね。
そりゃ公式サイトから申し込んで欲しいと思うのが自然ですよね。

だから、知っている人だけ、いい思いができるというわけです。ふるさとチョイスでは在庫切れだったのが、公式サイトでは申し込めますね。

各自治体独自サイトへの移行を実施

最近の傾向として、人気の自治体は余計にそうですが、公式サイトを充実しているイメージがあります。

ふるさと納税の老舗サイトであるふるさとチョイスに対して、自治体は利用料を別途支払わないといけないからです。
今後もこの流れは加速していくと思われます。

申込の手順

都城市の公式サイトから申し込む際の流れと簡単な注意点をお伝えします。
こちらが面接した際のイメージ

  1. お礼の品を選ぶ
  2. カートへ追加する
  3. カートを確認して各種情報を入力
  4. 申込完了

1.お礼の品を選ぶ

好きなお礼の品を選択しましょう。

2.カートへ追加する

まずはお礼の品をカートへ追加します。この際、カートに特産品を追加せずに、カートを確認しても何も表示されませんのでご注意ください。

miyakonojyo_1

3.カートを確認して各種情報を入力

カートを確認して、各種情報を入力

miyakonojyo_3

4.申込完了

各種記入箇所を入力し寄付完了です。

まとめ

都城市のふるさと納税が凄いという話をさせていただきました。

2015年のふるさと納税の寄付金額と寄付金額は1位だった都城市。ふるさと納税というツールを上手く活用し、知名度を一気に全国区にしました。
その土台を支えているのが、地元で生産された畜産や焼酎です。

1万円の寄付で4kg以上のお肉が貰えるという、非常に還元率が良いお礼の品な為人気が集まっている理由も納得ですよね。
ふるさと納税の通じて都城市を知り、今度は購入してもらって、しいては訪れてもらって移住する。という流れが作れれば、ふるさと納税制度がバチッとハマった好例になるはずです。

今後も都城市のふるさと納税を応援し続けます。

オススメ記事

ふるさと納税おすすめ高還元率自治体コスパランキング!

【2018年最新版】ふるさと納税でもらえる還元率の高いオススメ家電製品ランキング

【完全保存版】ふるさと納税でゴルフクラブやゴルフ用品を一覧にしてみた!

【大人気】ふるさと納税でジェラートピケをゲット!カテゴリー別にご紹介

【保存版】ふるさと納税サイトを比較してみた!メリットや特徴は何?

ふるさと納税の達人 金森重樹さんがおすすめする超お得な自治体ベスト3位!


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る