ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

超詳しい!ふるさと納税の最大寄付金額の目安一覧表をご紹介!

ふるさと納税をやろう!と思った時に、一番最初に行う必要があることが、寄付控除限度額を調べるということですよね。

以前、「限度額早見表が一番見やすいのはどこ!?比較してみた!」でも書きましたが、今はふるさと納税に関する専門サイトが沢山あり、それぞれで限度額を計算するシートやフォームを提供されています。しかし、家族構成などは個人個人でもちろん状況は異なりますよね。計算シートでは、一般的な家庭は計算できますが、子どもが小さい場合はどうなるのか?などの疑問に答えられるとは言い切れませんし、入力するのも手間ですよね。_

なので、私があなたのその煩わしさを少しでも解消するべく、給与収入の独身者、共働き世帯から専業主婦(夫)世帯、3人家族、4人家族、そして年金収入の方まで356通りのパターンを一覧にしました。
まずはこちらでご自身の寄付限度控除額を知るところからスタートしましょう!

※子どもが3人以上いる場合は対象としておりません。申し訳ございません。

会社員の一番お得なふるさと納税金額確認はこちら

koujyogaku-ichiran

年金受給者の一番お得なふるさと納税金額確認はこちら

koujyogaku-ichiran2

目次

お得なふるさと納税寄附金額パターン別一覧

① 独身・共働き(税金上の扶養している子どもがいない人を含みます)

1-gendo

 

 

② 夫会社員、妻専業主婦

2-gendo

 

 

③ 夫会社員、妻専業主婦、子1人(中学生以下)

3-gendo

 

 

④ 夫会社員、妻専業主婦、子1人(高校生)

4-gendo

 

 

⑤ 夫会社員、妻専業主婦、子1人(大学生)

5-gendo

 

 

⑥ 夫会社員、妻専業主婦、子2人(中学生以下)

6-gendo

 

 

⑦ 夫会社員、妻専業主婦、子2人(1人中学生以下、1人高校生)

7-gendo

 

 

⑧ 夫会社員、妻専業主婦、子2人(1人高校生、1大学生)

8-gendo

 

 

⑨ 夫会社員、妻専業主婦、子2人(2人とも大学生)

9-gendo

 

 

⑩ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子1人(中学生以下)

10-gendo

 

 

⑪ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子1人(高校生)

11-gendo

 

 

⑫ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子1人(大学生)

12-gendo

 

 

⑬ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子2人(中学生以下)

13-gendo

 

 

⑭ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子2人(1人中学生以下、1人高校生)

14-gendo

 

 

⑮ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子2人(1人高校生、1人大学生)

15-gendo

 

 

⑯ 夫会社員(共働きのため、妻は扶養外)、子2人(2人とも大学生)

16-gendo

 

 

⑰ 65歳未満の独身の公的年金受給者

17-gendo

 

 

⑱ 65歳未満の公的年金受給者で専業主婦の妻あり

18-gendo

 

 

⑲ 65歳以上の独身の公的年金受給者

19-gendo

 

 

⑳ 65歳以上の公的年金受給者で専業主婦の妻あり

20-gendo

 

 

前提条件と注意点

・このシュミレーションは、今年度に寄付をし、来年の住民税から減額されるケースとなります。

・給与収入は、前年度の額です。

・給与収入1,100万円以上は役員級とみて、雇用保険は控除していません。

・表中に?夫会社員、妻専業主婦の場合、うえきの一明けてしまいました。

まとめ

ふるさと納税は何かとニュースとかにもなっていますし、大分浸透してきたんだな〜と思っていたのですが、妻の友だちと話す機会があったので、ふるさと納税って知っている?と聞いたところ、全く知らず、しかも実践すらもしていないようでした。

中には、年収1,000万円以上稼ぐ方もいたので、年間どれだけ損してきているのか。ということは常に考えていかなければなりませn。


The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る