ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

ふるさと納税の「確定申告」に関連した記事一覧

【日にちまでズバリ!】ふるさと納税ワンストップ、2022年の手続きはいつまで?

ふるさと納税は夫婦それぞれ利用可能?子供あり、扶養の場合も解説

ふるさと納税する夫婦

ふるさと納税で6自治体に寄付するとマズい?そんなときの手続き

6自治体にふるさと納税をした場合はどうする?

【税理士監修】ワンストップ特例とは?適用条件から申請方法まで

【保存版】年金受給者はふるさと納税できる?寄付金控除額の目安

ふるさと納税の確定申告!サラリーマンはしなくても大丈夫!「ワンストップ特例制度最高!」

ふるさと納税年金受給者の控除上限金額はいくら?状況によってだいぶ異なるので注意

ふるさと納税のワンストップ特例、申請に必要な書類は何?

ふるさと納税、マイナンバーカード・通知カードなしの場合どうする?

ふるさと納税は2022年1月10日までに申請書を提出!サラリーマンは要注意!

サブコンテンツ

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る