ふるとく|ふるさと納税お得情報No.1サイト

注目キーワード

【2022年最新】ふるさと納税でもらえる「牡蠣」コスパランキング10

ふる太くん
新鮮な牡蠣をレモン醤油で食べるのも美味しいし、牡蠣フライにして食べるのもおすすめだよ♪

冬の旬の食べ物と言えば「牡蠣」!
海のミルクと言われるそのクリーミーさといったらもうたまらない、至福の時ですよね。

鍋続きの冬に、ちょっと贅沢に牡蠣鍋や、クリスマスパーティーに牡蠣フライも良いですね!ふるさと納税でもらえる牡蠣を、1万円の寄付でもらえる量が多い順にお得なコスパランキングにしてお届けします。

個数表記のものに関して重量の特記がない場合、殻つきの牡蠣で、1個あたり100g、むき身で20gとして算出しております。

ふるさと納税でお得に「牡蠣」をもらうには?

ふるさと納税をお得に利用するコツは、還元率の高いものやkg単価の安いものなどコスパのよい返礼品を選ぶこと。価値の高い高品質なものをできるだけ安く手に入れる自治体に寄付するのがおすすめです。

ふるさと納税の返礼品の還元率は30%以下というのが一つの基準になっていますが、牡蠣の返礼品の中には60%を超えるものもあります。お店で購入すると高価な牡蠣も、ふるさと納税で申し込めば自己負担額2,000円で産地直送品をたっぷり食べられます。牡蠣の返礼品を申し込む際には、還元率やkg単価をチェックして比較してみてください。

【2022年最新】ふるさと納税 人気の「牡蠣」還元率ランキング10


その他ふるさと納税でもらえる全返礼品の還元率ランキングが知りたい方はこちらから↓↓

【コスパ最強】ふるさと納税でもらえるお得な「むき身牡蠣」ランキング


北海道や岩手県など全国各地の自治体から獲れたての牡蠣の返礼品が提供されています。今回は、その中でも特に1kg単価の安いお得なむき身牡蠣の返礼品をランキング形式でご紹介していきます。むき身は、カキフライや牡蠣鍋にして頂くのがおすすめです。もちろん生食でもOK!すぐ使えて美味しいむき身をぜひお楽しみください!

順位 kg単価 返礼品名 寄付金額 自治体
6,000円 大粒むき身牡蠣 3kg 18,000円 千葉県長生村
10,000円 奥松島産極上旨カキ 10,000円 宮城県東松島市
12,000円 ハマミツ海産 生牡蠣むき身(加熱調理用)【1kg】 12,000円 広島県竹原市
12,500円 地御前 峠水産 牡蠣むき身 加熱用 800g 12,000円 広島県廿日市市
15,000円 鈴木さん家のむき身牡蠣MとL食べ比べ1kg【11月前半~4月前半発送】 15,000円 岩手県陸前高田市

【1位】大粒むき身牡蠣 3kg

広島県と岡山県で育てられた大粒の牡蠣です。

Lサイズと2Lサイズの大ぶりなものだけを厳選して3kg分の詰め合わせにしました。全部で90〜120粒とたくさんあるので、カキフライに牡蠣鍋、ソテーやアヒージョなど、いろいろな食べ方が楽しめます。

大粒むき身牡蠣 3kgふるさとチョイス

kg単価 6,000円
寄付金額 18,000円
自治体 千葉県長生村
内容・量 大粒むき身牡蠣 3kg(1㎏×3パック)
※解凍後1パック850g

【2位】奥松島産極上旨カキ

新鮮な生牡蠣のむき身です。

1年ものの珍しい極上牡蠣。海水と淡水が混ざり合う環境で荒波を受けて育っているため、身がしっかりとして甘みが強いのが特徴です。殻がないので冷蔵庫で場所を取らないのも嬉しいポイントです。

奥松島産極上旨カキふるさとチョイス

kg単価 10,000円
寄付金額 10,000円
自治体 宮城県東松島市
内容・量 奥松島産極上旨カキ(加熱用)
剥きガキ500g×2

【3位】ハマミツ海産 生牡蠣むき身(加熱調理用)【1kg】

能登半島の穏やかな海で育った牡蠣がもらえます。

身は少し小ぶりですが、旨味がギュッと詰まって濃厚な味わいの牡蠣。焼き牡蠣や蒸し牡蠣など、そのまま加熱して自然な味わいを存分に楽しめます。

ハマミツ海産 生牡蠣むき身(加熱調理用)【1kg】

kg単価 12,000円
寄付金額 12,000円
自治体 広島県竹原市
内容・量 生牡蠣むき身 約1kg

【4位】地御前 峠水産 牡蠣むき身 加熱用 800g

地御前かきは、栄養価の高いプランクトンが繁殖した海域で育てた牡蠣です。峠水産こだわりの養殖方法で育てた自慢の牡蠣ですので、是非ご賞味ください。

地御前 峠水産 牡蠣むき身 加熱用 800g

kg単価 12,500円
寄付金額 10,000円
自治体 広島県廿日市市
内容・量 牡蠣むき身 加熱調理用 800g(400g×2)

【5位】鈴木さん家のむき身牡蠣MとL食べ比べ1kg【11月前半~4月前半発送】

豊洲市場で最高値で競り落とされた最高評価のLサイズ牡蠣とMサイズ牡蠣の食べ比べセット返礼品です。特にLサイズの牡蠣は驚きの大きさです。

カキフライ、ソテー、アヒージョ、牡蠣鍋など様々な料理でお楽しみいただけます。

 

鈴木さん家のむき身牡蠣MとL食べ比べ1kg【11月前半~4月前半発送】ふるさとチョイス

kg単価 15,000円
寄付金額 15,000円
自治体 岩手県陸前高田市
内容・量 むき身牡蠣Mサイズ500g×1(加熱用)
むき身牡蠣Lサイズ 500g×1(加熱用)

【その他】ふるさと納税を行う前に3点をチェック!

「寄付する自治体も決まったし、お礼の品も選んだし、さっそくふるさと納税を申し込むぞ!」と思った方。ちょっとお待ちください!自治体に申し込みをする前に次の3点を確認しておきましょう。

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの?

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、お得にふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円までの寄付であれば自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。共働きでない年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「ふるさとチョイス 還付・控除限度額計算シミュレーション」や「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】翌年控除を受けるためには、今年の12月31日までに寄付しましょう

ふるさと納税は年度末までに申し込めばいいの?

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、翌年(2022年)の所得税・住民税の還付・控除を受けるためには今年(2021年)の12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2022年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

申し込みも済んだし、返礼品ももらったし、これで終わりでしょ?

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄付時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2022年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

おすすめ記事

【最新版】還元率〇〇%も!ふるさと納税コスパ還元率ランキング

【家電2557点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2022最新版

【2022年最新】ふるさと納税「いくら」還元率ランキングTOP10

【2022年最新】ふるさと納税「ホタテ」還元率&コスパランキング

【1万5千円で20kgも!】ふるさと納税お米の最強お得ランキング2022

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税専門家エリ

ふるさと納税歴10年。ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、毎日数十万ある返礼品の中からお得な返礼品を探しており、還元率3割以上のお得な返礼品は常に把握しています。 お得にふるさと納税するコツは、『還元率が高くコスパのよい返礼品を選ぶ』こと!皆様にもお得な返礼品情報を余すことなくお届けします。メルマガでも月1回最新情報をお届けしています。
サブコンテンツ

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ページの先頭へ戻る