ふるさと納税の特産品!還元率お得ランキングサイト ふるとく

バルミューダやiPad、アラジンなどオシャレ家電をお得にゲット!

ふるさと納税で、お米やお肉などの食べ物を狙っている方多いのではないでしょうか。
食べ物の人気はもちろんのこと、「家電」もとても人気の返礼品です!

今回は、デザイン家電として最近人気の『バルミューダ』がふるさと納税でもらえるので、ご紹介します。

【最新】ふるさと納税でもらえる「バルミューダ」の返礼品

バルミューダ TheLight 太陽光LEDデスクライト

子どもたちの目を徹底的に考えて生まれたデスクライトです。太陽光LEDは、太陽光に近い光の波長で、デスク上で青空の下で見るような本来の色を再現します。

デザイン家電として、部屋のインテリアにもよいですよね。色はブラック、ホワイトの2色から選ぶことができるので、お好きな方をお選びください。

バルミューダ TheLight 太陽光LEDデスクライト

還元率32%
寄付金額100,000円
内容本体寸法:幅 191mm 奥行 264mm 高さ 463mm
本体重量:約3.2kg
光源:LED3灯
光源寿命:40,000時間
調光機能:6段階(15~100%)
電源:AC100V 50/60Hz共用(ACアダプター)
パッケージ内容:本体、ACアダプター、取扱説明書、保証書、ステッカー

バルミューダ TheGreenFan DCモータ扇風機

大人気のバルミューダシリーズから扇風機の返礼品です。
自然界の風を再現する扇風機で二重構造の羽根が作り出すのは自然界の風と同じ。一般的な扇風機に比べ、約4倍に広がる風はまさに自然界の風の気持ちよさです。

一度受付終了となってしまった大変人気の返礼品ですので、お申込みはお早めに!

バルミューダ TheGreenFan DCモータ扇風機

還元率39%
寄付金額100,000円
内容本体寸法:幅 330mm 奥行 320mm 高さ 871mm(フロア)/497mm(卓上)
本体重量:約4.1kg
電源:AC100V 50/60Hz
パッケージ内容:本体、リモコン、マルチプラグアダプター、取扱説明書(保証書付)

その他編集部おすすめ「デザイン家電」

グラファイトトースター【2枚焼】

「遠赤グラファイトヒーター」搭載で0.2秒で発熱します!外はカリッと中はふんわりモチモチの焼き上がり。食パンを2枚同時に焼くことができるレトロ調のデザインのトースターで、おしゃれなデザインが人気の返礼品です。

グラファイトトースター【2枚焼】(グリーン)

還元率34%
寄付金額30,000円
内容品番:CAT-GS13AG
電源コード長さ:1.2m
消費電力:1250W
使用時本体寸法:H350×W295×D235mm
収納時本体寸法:H390×W330×D289mm
本体重量3.1kg


アイパッド(iPad mini)がもらえる自治体は?

総務省の規制前は、静岡県焼津市や佐賀県みやき町でアイパッド(iPad mini)の受付をしていましたが、2019年現在iPadの返礼品を受付している自治体はありません。

過去にふるさと納税でもらえたiPadの種類はこちらです。

iPad

容量ネット接続カラー寄付金額
32GBWifi のみスペースグレー13万円
シルバー13万円
ゴールド13万円
Wifi + Cellularゴールド18万円
128GWifiのみゴールド16万円

iPad mini

容量ネット接続カラー寄付金額
128GWifi のみゴールド15万円
Wifi+Cellularゴールド20万円

iPad pro

容量ネット接続カラー寄付金額
64GWifi のみゴールド23万円
Wifi+Cellularゴールド27万円
256GWifi のみゴールド28万円
Wifi+Cellularゴールド33万円
512GWifi のみゴールド33万円

ふるさと納税を行う前に知っておきたい3つのこと

【その1】年収や家族構成によって寄付上限金額が決まっています

お得な返礼品が多いのは分かったけど、好きなだけ申し込めるの?

「ふるさと納税がお得なら、たくさん寄付したい!」と思う方もいるかもしれません。しかし、ふるさと納税で寄付できる金額は、あなたの年収や家族構成などによって決まってきます。というのも、ふるさと納税はご自身が納めた税金の一部が控除されて戻ってくるという仕組みだからです。所得によって納める税金の金額が決まるように、ふるさと納税の控除金額もその税金に比例して上限が決まります。

たとえば、年収400万円の独身者または共働きの人は43,000円まで寄付が可能で、自己負担2,000円を引いた41,000円が、翌年に所得税と住民税から還付・控除されます。年収700万円の夫婦(配偶者控除あり)なら、控除上限金額は85,000円です。

控除限度額は「さとふる限度額計算ページ」から調べることができます。

【その2】ふるさと納税の申込開始は1月1日から、期限は12月31日まで

ふるさと納税は年度末までに申し込めばいいの?

ふるさと納税の申込自体は一年中いつでも可能です。ただし、1月1日~12月31日の間に寄付した金額から所得税・住民税が還付・控除されますので、税金控除を考えている方は毎年12月31日までに寄付申込を済ませる必要があります。
また、ワンストップ特例制度を利用する方は、2020年1月10日までに各自治体へ申請書を送付してください。

【その3】寄付しただけでは税金は控除されません

申し込みも済んだし、返礼品ももらったし、これで終わりでしょ?

ふるさと納税で寄付を申し込んで終わりではありません。年度末に確定申告をして税金控除を申請します。
適用条件を満たせば確定申告の代わりに「ワンストップ特例制度」が利用できます。寄附時に「申請書を希望する」旨の項目にチェックを入れると、後日、自治体から申請書が送られてきます。必要事項を記入し、2020年1月10日までに各自治体へ申請書を送付するだけですので、手続きは簡単です。

<ワンストップ特例制度の適用条件>

  1. 確定申告をする必要のない給与所得者等であること
    自営業の方や年収2,000万円を超える所得者、医療費控除等で確定申告が必要な場合は、確定申告で寄付金控除を申請してください。
  2. 1年間の寄付先が5自治体以内であること
    1つの自治体に複数回寄付をしても、1自治体としてカウントされます。
  3. 自治体へ申請書を郵送すること
    1つの自治体に複数回寄付した場合は、寄付した回数分の申請書を提出してください。

オススメ記事

【家電394点の頂点は?】ふるさと納税 家電還元率ランキング2019最新版

【パナソニック、ダイキンなど】ふるさと納税 空気清浄機ランキング

【2019年完全版】ふるさと納税サイト徹底比較!最もおすすめはこれ!

The following two tabs change content below.
ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税専門家ヒデ

ふるさと納税に関わる仕事をしていることから、ふるさと納税の魅力を発信することで、より多くの人の為になればという気持ちで運営しています。自分自身のふるさと納税以外にも、家族で年間100万円近くふるさと納税をしています。不定期ではありますが、メルマガで人気の返礼品をご紹介したりしています。
サブコンテンツ

サイト運営理念

ふるさと納税専門サイト「ふるとく」の運営理念は、あなたに「お得な返礼品を手間なく簡単に選べるようにすること」です。
私は、ふるさと納税のポータルサイトを運営する会社に勤務し業界を長年に渡り見てきました。また、寄付者としても毎年ふるさと納税を行ってきました。

その中で感じたこと。それは、「お得な返礼品が見つけにくい!」です。

年々返礼品の数は多くなり、ふるさとチョイスやさとふるなどの大手ポータルでは、掲載している返礼品の数が数十万種類にも上ります。

この中からお得な返礼品を選び出すのは本当に大変です。
お得だからふるさと納税をしようと思ったのに、手続きにストレスがかかるのであれば本末転倒です。

お得な返礼品を厳選してお届けするふるさと納税専門サイト「ふるとく」は、そんなあなたの不便を解消するべく立ち上がりました!

当サイトをご活用いただければ、ふるさと納税をより簡単に利用でき、結果的に地方創生に役立つことができる。
私はそう信じております。


ふるさと納税とは?

ふるさと納税は2008年に地方創生の一環としてスタートした、寄付金控除の制度になります。
寄付した金額のうち、2,000円を差し引いた金額を翌年の所得税と住民税から控除され還付されます。

ふるさと納税を行うと自治体よりお肉やお米、お魚や家電などの特産品がお礼としてもらえます。
寄付者は、所得に応じて税金の控除上限金額が決まるため、高所得者層を中心に利用する人が急増しています。


ふるさと納税で節税をしよう!

ふるさと納税は非常に魅力的な制度であるばかりでなく、節税効果も非常に高いものがあります。

年収3,000万円の寄付控除上限金額は100万円にもなります。
寄付金額のうち、2,000円を除いた全額が控除されて戻ってくる上に、寄付金額のおよそ50%程度の特産品がもらえますので、年間の節税金額は年間50万円にもなります。

非常に効果の高い節税方法ですので、利用しない手はありませんね!

ふるさと納税特産品ランキングNo.1サイト

ページの先頭へ戻る